『in“F”』2009年

2016年4月14日 (木)

5月のスケジュール

☆=「初演」です。 
♪=「チャージ」です。百円単位。 

2(月)増尾好秋(g)新澤健一郎(p)♪(30) 
3(火)藍沢栄治(b)福田重男(p)♪(25) ※7時スタート。 
4(水)5月の『酒の会』♪(50) ※お任せ(熟成酒を中心に)4銘柄を楽しむ会。原価率超高し! 
5(木)坂本貴啓(ds)高橋将(b)♪(20) ※7時スタート。 
7(土)木村秀子(p)行川さをり(vo)椎谷求(g)♪(25) ※7時スタート。 
8(日)『スタンダード・トリオ』岸淑香(p)小美濃悠太(b)服部正嗣(ds)♪(25) ※6時スタート。 
9(月)☆多田葉子(sax、cl)柴草玲(vo、p、acc)不破大輔(b)♪(30) 
10(火)翠川敬基(vc)黒田京子(p)向島ゆり子(va)さがゆき(vo)ユカポン(per)♪(30) ※『グリーン生誕祭』富士山 
13(金)☆坪井洋(ds)栗林すみれ(p)水谷浩章(b)♪(30) 
14(土)『ジャム・セッション』坂本千恵(p)店主(b)♪(15) ※7時スタート。ヴォーカル可。毎月第2土曜日開催。 
15(日)☆坂本千恵(p)酒井麻生代(fl)伊地知大輔(b)坂本貴啓(ds)♪(25) ※7時スタート。 
16(月)ハクエイ・キム(p)池長一美(ds)♪(30) 
17(火)☆翠川敬基(vc)星衛(vc)さがゆき(vo)♪(30) 
18(水)Takoh(g)入船裕次(b)髙木悠圭(ds)♪(20) 
20(金)☆玉井夕海(vo)阿部篤志(p)♪(25) 
21(土) 『Echostics』西村大助(melodion, harp)坂ノ下典正(g)加藤秀(b)今井良英(dr)清水博志(per, handsonic)「ゲスト」行川さをり(vo)♪(20) ※6時半スタート。 
22(日)安ヵ川大樹(b)菊池大光(p)岡部朋幸(ds)♪(28) ※6時スタート。 
23(月)☆さがゆき(vo)河野“菌ちゃん”俊二(per)佐藤浩秋(b)♪(25)
24(火)アンジェロ・ヴィラーニ(p)♪(30) ※7時スタート。 
25(水)木村純(g)伊藤史和(g)♪(25) 
26(木)『四賢』安井希久子(per)kana(fl)岸淑香(p)松永敦(b)♪(30) 
27(金)☆葭葉愛子(p)山本玲子(vib)高橋将(b)坂本貴啓(ds)♪(30) 
28(土)永井由希生(vo)中島薫(p)♪(20) ※7時スタート。 
29(日)☆伊藤麻子(fl)宮川直巳(p、g)柴田奈穂(vn)♪(25) ※7時スタート。 
30(月)☆西田紀子(fl)南保ひとみ(p)佐藤有介(b)上村計一郎(ds)♪(25)
31(火)『ラ・シック』翠川敬基(vc)太田惠資(vn)向島ゆり子(vn、va)♪(30)

| | コメント (0)

2009年12月30日 (水)

トリ☆2009

Photo Photo_2
「4本吹き」と「縦横吹き」
12月29日
『一噌幸弘~コンチェルト・プロジェク vol.9』
一噌幸弘(能管、笛)
山田路子(能管、笛)
平松加奈(vn)
壷井彰久(vn)
会田桃子(va、vn)
村中俊之(vc)

テレマン
ヴィヴァルディ
バッハ
一噌幸弘
など。
「アンコール」×3

前半3曲目。
ヴィヴァルディ:室内協奏曲ト短調第三楽章。
この「導入」に、
『お正月』&『ジングルベル』の主題による「変奏曲」(って言うのかたらーっ(汗))
驚愕の炸裂富士山
本年度笑い納め!
(になったかな、、、)

本日の「一噌流おやじギャグ」
(村中さんの新譜収録曲がらみのMC)
「コダーイの無伴奏(チェロソナタ)演ってるんですか」
「はい」
「その曲って、古い曲ですよね」
「???」(店内全員)
「こだ~い(古代)、、、」
バッド(下向き矢印)
「此方方面」も絶好調でした~。
おさむうございました~雪

(前にも書きましたが)
この3年、「トリ前」「トリ」は、
『黒田京子トリオ』『一噌幸弘』
に自然と(必然?)なっていますが、
本年は『一噌幸弘~コンチェルト・プロジェクト』
で〆てもらいました。
連日立ち見満席でした。
このご時勢に関わらず、有り難い事です。

おかげさまで、本日無事(エフ的)「2009」を締めくくることができました。
改めて、
ご来店のお客さん、
出演されたミュージシャン、
そして、「関係者」の皆様、
ありがとうございました。
心より御礼申し上げます。
そして、
皆様のご多幸とご健勝をお祈りいたします。
店主拝

※追記
「MC」の中で、
「昔は色々やりましたよ。
通奏低音に大正琴使ったり。
(その時は)田中悠美子さんでした」
とありましたが、、、
そのライヴは、
990718 『一噌幸弘・プレイズ・バッハ』
のことです。
それにしても、「大正琴」に「通奏低音」を演らせるとは!
(どなたの「発想」か、、、)
これが意外にも、自然にハマってました。
そこに、インドの太鼓やら、、、。
バッハもうれしまっさおでしょうね。
総勢10名の楽士さんたちでありました。

【『コンチェルト・プロジェクト』への道~関連ライヴ】
電球980712 一噌幸弘。吉沢実。松本由紀子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)。木村聡子(チェンバロ)。吉見征樹。

電球990321 一噌幸弘。吉沢実。壷井彰久。松本由紀子。木村聡子。吉見征樹。

電球990718 『一噌幸弘・プレイズ・バッハ』
一噌幸弘。大杉登紀子。森美和子。壷井彰久。美ノ辺純子。高橋淑子(va)。松本由紀子。
木村聡子。田中悠美子(太棹三味線。大正琴)。吉見征樹。

電球030516 一噌幸弘。佐藤紀雄。山田百子。吉野弘志。

電球061230 一噌幸弘。千野秀一。※『プレイズ・モーツァルト& more』
壷井彰久。 松尾依里佳(vn)。廣瀬麻名(vn)。中村洋乃理(va)。村中俊之(vc)。山田路子。
(予定・乱入)ジョー・オリバー。 

071229 『一噌幸弘~コンチェルト・プロジェクト』
一噌幸弘。山田路子。壷井彰久。松尾依里佳。村中俊之。茂木えりか。
(予定・乱入)中村かほる(琵琶)

081229 『一噌幸弘~コンチェルト・プロジェクト vol.6』
一噌幸弘。山田路子。壷井彰久。平松加奈。会田桃子。茂木えりか。

| | コメント (0)

生きていることをかみしめる

Cimg1954
12月28日
『黒田京子トリオ』
黒田京子(p)
太田惠資(vn)
翠川敬基(vc)

『黒田京子トリオ』とともにある(生きる)幸せをしみじみと、ずっとかみしめていました。
今年もありがとうございました。
様々なこと、もの、が去来し、自然と目頭が熱くなっていました、、、。

なので、アンコール(楽曲)の途中で、翠川さんに呼ばれましたが、
普段なら、ありがたく「乱入」させてもらうところ、
本日は敢て「お客」のままで居ました。
(「アンコール」の『ちょっとビバップ』は、
私を「乱入」させるための、翠川さんの、さりげない「配慮」だったのです。涙&感謝)

終演後、(こちらは文字通り)「乱入」MCをさせてもらいました。
皆様への感謝とともに、
敢て、この場にはいらっしゃいませんでしたが、
「調律の辻」さんに感謝の言葉を述べさせていただきました。
(定期メンテナンス(調律)の日でないにも関わらず)
辻さん、午前中に、さり気なく(全く知らせなしで)
手を入れて下さっていたのです。
これは、ある意味で
「『黒田京子トリオ』へのオマージュ」
だったのだと思います。
そして、このトリオを聴きにいらっしゃるお客さんへの。

想いが届いたのか(?)終演後、辻さんご来店指でOK

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

『酒の会・番外篇』~12・26「叛『世界同時不況・ワンコイン酒フェスティヴァル』(仮・詐)

2009年もいよいよ「待った無し!」的に押し迫り、
残るところ、あと「7日」☆になってまいりました。
皆様、お変わりなくお過ごしのことと思います。
直前のお知らせで恐縮なのですが、 26日(土)『酒の会・番外篇』を開催いたします。
題して、『叛「世界同時不況」・ワンコイン酒フェスティヴァル』(仮・詐)
この日は、皆様の日頃のご愛顧に感謝して、
「全てのメニュー(酒・料理・共に)」=「¥500」にて提供させていただきます。
と言うことで、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
店主敬白

| | コメント (0)

カルメン・マキ~本日も「出会い系」

12163

12月16日
カルメン・マキ(vo)
鈴木よしひさ(g)
鳥越啓介(b)
※「3人的初演」

「編成」「メンツ」上、かな~り「ズージャ」なマキさんだった。

アルバム未収録
『ラヴ&フラワー』
など、
「オリジナル」群。

『ザ・マン・アイ・ラヴ』
『オーヴァー・ザ・レインボウ』
などの「スタンダード」も炸裂☆

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

あがた森魚~「パンク少年」を観た☆

Photo
12月12日(金)
あがた森魚(vo、g)
青木菜穂子(p)
鈴木崇朗(bn)
東谷健司(b)

当初は「店主研修」のため、さりげに「空けておいた日」だったのだが、、、。
様々な「偶然」と「巡り合わせ」が重なり、急遽決まった「この日」
「偶然」×2は「必然」なのか、、、。
「元フォーク青年」にとっては、感慨深い夜。

あがたさん、「(ボブ)ディラン」を師と仰ぐも、
実は、意外と「パンク」な人だった。
テーブルにすっと乗って(当店初!です)「あおり唱法」が炸裂衝撃
とか、、、。
(バックの「タンゴバンド」、静かに、ある時は激しく、切なく煽る煽る!)

でも、底に流れる「浪漫の魂」系の曲も素晴らしく、
とりわけ、『清怨夜曲』に涙。

なんだか「放心の一夜」だった。

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

満遍なく

11月14日
『ジャム・セッション』
坂本千恵(p)
店主(b)

いつもは、何故か(楽器)「偏ってしまうの法則(?)」があるのですが、
本日は、「ボーカル・4人」「ドラムス・3人」「ギター・2人」の他は、
フロント(tp、tb、ts、ピアニカ)、ピアノ、ベース、と満遍なく指でOK
おまけに「聴くだけ」のお客さんも。
と言うことで、
「7~80のキャパ」の店で「5~6人」なんてことを聞くこのご時勢、
程よい満席でした。
ありがたや!です。

何より、ベースがいらしてくれた事、助かりました。
S井さん、またお願いしま~す。
そして、改めて呼びかけます。
来たれベーシストよ!

そんなことを言ってるうちに、
早いもので、来月が「最後のセッション」になります。
ウーム、月日よ、、、走る人

| | コメント (0)

「出会い系」なんです、当店(うち)は、、、

Cimg1567
11月13日
阿部篤志(p)
松田美緒(vo)

べーちゃんの「バースディ・ライヴ」です。

前から「出会うべきだ」と思っていた二人。
べーちゃんへの素敵なプレゼントになりましたぴかぴか(新しい)

「楽曲」と「即興」、半々ナイトでした。
ピアノソロに続く、二人の「即興」の後で、美緒ちゃん、いきなり指でOKサインです。
この時点で、いきなり、この日の「盛り上がり」と「収穫」が予測確定です。

例えば、、、
『サマータイム』が、途中から『ウィンタータイム』になる即興アレンジに汗固まるですあせあせ
♪魚は凍り
お父さん職はなし
お母さん逃げちゃって
だから、私と一緒にいなさいね♪
って、ど~いう歌だよたらーっ(汗)

美緒ちゃん、「即興」は久々だったとのこと。
(当店では、鬼怒さんと、必ず炸裂させますが)
「降りて来る系」の歌(それも「ポルトガル語」で降りるんです)
また今日もたくさん生まれました。
正に「(歌が)産まれる時(現場)」に「立ち会い」ました。
当然、べーちゃんも「即興」(出たとこ勝負!)です。
(一曲、その場で書き留めてました(^_^;))

この日のお二人のブログです。
阿部篤志
http://blog.goo.ne.jp/be-chanpiano/e/f9b47519f4e6fb61845d836acbd5964b

松田美緒
http://miomatsuda.exblog.jp/10455785/

「そう言う出会いの場」になれて、素直に嬉しいです&光栄です。
またふくらましましょうねチューリップ

| | コメント (0)

「本年度ベスト○!」が出たか☆

Cimg1488
11月8日
壷井彰久(vn)
岡部洋一(per)

「世界初演」は、「世界最強」な「インプロ」になりました。
「きたもんがち」イエイ手(チョキ)

こんな「ケツ」(エンディング)が決まるインプロって、初めて聴きました。
かの「クロスオーヴァー」「フュージョン」系(のエンディング)もまっつぁおです。

「エンディング」だけではありません、当然「中身」も素晴らしいわけでした。
山あり谷あり、地球あり、宇宙あり、ブラックホールもありました新月
久々に「暗黒のつぼい」も観ました(聴きました)

やはり、「それ」を引き出した、岡部さん、グレイト過ぎ衝撃です。

帰り際に、壷井さんより「感謝の言葉」もいただきました。
店冥利に付きますねgood

かくして、

「店主ひらめきブッキング」電球の夜
は熱く熱く更けていきました、、、。

| | コメント (0)

「第三の道」~ムード歌謡の「そのまこりん」

Cimg1485
11月7日
高瀬“makoring”麻里子(vo、per、ukulele)
吉見“tabling”征樹(tabla、g、vo)

「私『フケロリ』って言われるんです」

「しっとり楽曲」から「ムード歌謡」(「そのまこりん」(園まり))まで、、、なんでもあり状態に富士山
「ウケるんであれば、何でも良いんです」
「これからは、路地裏を『流』して歩こうかなぁ~。吉見さんと。ねっ」
(『まこりん&たぶりん』誕生か(^_^;))

でもって、出ました!
ダブルアンコールぴかぴか(新しい)
静かなる爆裂☆楽しすぎた夜。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧