『インエフの日常』2012年

2012年5月 8日 (火)

バルセロナ!バルセロナ!!バルセロナ!!!

20日
成田空港 
21:55 
エアー・フランス 
日本脱出飛行機 

ちなみに前回の(初!)「海外」は、 
『モーツァルト~ドイツ・ワールドカップの旅』 
ザルツブルク。 
(モーツァルトの生家) 
ウィーン。 
(ザンクト・マルクス墓地。ムジーク・フェライン大ホール『マリナー~カメラータ・アテネ』) 
カイザースラウテルン~ヴィースバーデン。 
(日本1-3オーストラリア) 
ベルリン。 
(ブラジル1-0クロアチア)
2006年6月10~15日。

カメラ離陸直前。まだ日本。 
「アルビ」纏っております。 
しばらくは半袖でOK。

Img_2057


| | コメント (0)

2012年2月19日 (日)

『三軒長屋』に於ける「おかみさん」の言葉~女言葉と男言葉

先日(六代目)圓生で聴いたので。 
『落語研究会』 
そのメモ。 
※鳶の頭(かしら)のおかみさん。 

「知らねえんだ」 
「オマェ、何か~」 
「なんだい」 
「うちのにけえ(二階)」 
「あきれけえったもんだネ」 
「オメエが仲人だって?」 
「オレが~」 
クリップ「(あの顔は)お作りだよ」 
「素顔じゃありませんよ」 
「ようがしょうかネ」 
「おらぁ~湯に行ってくるから」 
「これじゃあさむ(寂)しいから」 
等々、、、。 

クリップ「お作り」と言う言葉、咄嗟には判らなかった。 
「(お化粧等で)顔を作ってるんだよ」 
と言うこと。 
榎本滋民さんの「解説」でようやく判った電球 

要するに、昔の「おかみさん」は、かなり「男言葉」(クロスしている)であると言うこと。 
(女性全般と言うわけではない) 
※私の祖母も、自分のことを「おれ」と言っていた。 

他に、おかみさん以外の言葉。 
「家質(かじち)に入っている」 
「夜番の太鼓」 
「ヨスケを打つ」 
 
http://bit.ly/wYaiSw 

以上、おあとがよろしいようで、、、m(__)m

| | コメント (0)