店・2008年

2008年12月29日 (月)

エフおさめ2008

12月28日
泣いても笑っても、
師が走っても転んでも、
「2008」残るところ、あと(本日入れて)「4」exclamation ×2になりましたね。

当店も、正に「最後の直線」に入って来ました。
本年を締めくくるに相応しい、
そして「エフらしい」exclamation & question
「カンドー・ドトーの3days」の爆裂です。

28日『インプロな夜』
上野洋子(vo、他)
黒田京子(p、他)
岡部洋一(per)
チャージ¥3000
※「初めまして」ライヴです。

29日『一噌幸弘~コンチェルト・プロジェクト vol. 6』~バロック((馬)ロック?)な夜
一噌幸弘(能管、笛) 山田路子(笛)
壷井彰久(vn)平松加奈(vn)会田桃子(vn、va)茂木えりか(b)
チャージ¥3500
※7時スタート(開演時間注意!)

30日『黒田京子トリオ』~トリをあなたに乙女座
黒田京子(p)
太田惠資(vn)
翠川敬基(vc)
チャージ¥3000
※当店でのライヴ収録(10・18の模様)絶賛配信中☆
http://www.jjazz.net/


何かとお忙しいかとは思いますが、
皆様のご来店をお待ちしております。
(各日、座り席「残部僅少」あり。メール、telにてご一報を!)

以上「業務連絡」でしたm(__)m

| | コメント (0)

「人生」な夜

12月27日
桜井芳樹(g、banjo)
鈴木常吉(vo、g、acc)

桜井さんに(アタマ)振ったらこうなった一夜。

常吉さんとは「おひさ~!」なのでありました。
「変わりませんね」
「マスターこそ、ぜ~んぜん、変わんないね」
と、互いに「かわんない指でOK」エールを交換しつつ、再会を祝す(?)

そして、
全く突然に☆「四半世紀超」の付き合いの友人が、久々にご登場ぴかぴか(新しい)
などもあり、、、。

常吉さん、相変わらず「人生を語」るのか、らないのか、、、。
しかし、確かに「人生」を感じるのでありました。
(って、何を言ってるのか、自分でもよくわかりませんが)

本日は、「ギャル度100パーセント」でしたが、
でも奇妙に静寂系な夜でありました。
「場末の静けさ」とでも言いましょうかとっくり(おちょこ付き)

ちなみに、桜井さんは、ほとんどバンジョーを弾いていました。
なんか「侘び寂び」の境地、という感じで、、、。

「バンジョー」
(ちょっとググッてみると)
黒人(奴隷)が作った楽器とのこと。
響きの「源流」は、どうも、拉致連行されて来た、故郷アフリカ(某所)のイメージのようなんですね。

| | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

本日(22日)『散歩の達人』の取材が☆

音川英二(ts)
天野丘(g)
織原良次(b)
吉見征樹(tabla)
(スペシャル・ゲスト)
カルメン・マキ(vo)

「店内の様子」「メニュー」
そして、「ライヴの模様」も写すそうです。
この手の「絵」って、お客さんも写る確率が高いので、
よろしかったら「写りに(!?)」いらして下さい。

ま、それだけでなく、
ライヴ「本編」も、物凄いことになること「超請け合い」ですので、
是非皆様に聴いていただきたいところです。
前回の、このメンツで「証明済み」です。
※鶴谷智生(ds)→吉見征樹(tabla)に変わってますが。

お時間と興味のある方は、是非いらして下さい。

| | コメント (0)

2008年11月25日 (火)

「ドヴォコン」から「合コン」へ☆

『黒田京子トリオ』(レコ発&収録)
おかげさまで満席のうちに、無事(?)終了。

この日の模様は、一部が、ネットラジオで配信されますので、
興味とお時間のある方はアクセスしてみて下さい。

『JJazz.Net』~「Jazz Today」
http://www.jjazz.net/programs/jazztoday08/index.php
※配信期間 - 2008年12月24日(水)17:00~2009年1月28日(水)17:00。

さて、
この日の(フレーズ)「引用」として、
翠川さんの「バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番」(冒頭部分)
に触発されて、
太田さんが「ベートーヴェン:スプリング・ソナタ」(これまた冒頭部分)
「ドヴォルザーク:チェロ協奏曲」(オケに続く、チェロの冒頭部分)
「バッハ:音楽の捧げ物」(テーマ)
なんかを随所に炸裂させていたのだが、、、。

なかでも一番の爆笑曲は「ドヴォルザーク」衝撃
(チェロ部分をヴァイオリンで演ったので超「ツボ」に嵌った!)
「通称」(?)「ドヴォコン」(フツーの日本人は「v」とは発音しないから、聴覚的には「ボ」)

そんなことを、あるマイミクの方の「日記」にコメントしたことで、
今朝、「ドボコン」から、様々に「連想」が渦巻き、、、。
「メンコン」
「チャイコン」
「ベトコン」(って言うのかな?)
「ブラコン」(同上。ちょっと危ない(^_^;))
(以上、ヴァイオリン・コンチェルトに絞って)

などなど、、、を経て、
「パソコン」電球
そして
「合コン」ぴかぴか(新しい)
に至ったのでありました。

以下続く、、、。
(長くなるので「枠」を変えます)

| | コメント (0)

『黒田京子トリオ』~「レコ発」と「ネット配信・収録」

11月17日(月)pm8:00~(2ステージ)
『黒田京子トリオ』
黒田京子(p)
太田惠資(vn)
翠川敬基(vc)

この日は、2ndアルバム『ホルトノキ』レコ発・ライヴ。です!
(10月19日発売☆)
「詳細」はこちら。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~kkyoko/trio/cd02.html

原田正夫さん(『月光茶房』店主)の「評」はこちら。
http://www.jazztokyo.com/newdisc/newdisc.html

そして「緊急決定」衝撃インフォです。
当日、以下の「ライヴ収録」があります。

『JJazz.Net』(完全無料サイト)
・番組名 - 「Jazz Today」
http://www.jjazz.net/programs/jazztoday08/index.php
・番組コンセプト - 拡張するジャズのイメージをとらえる、ライブシリーズ。
・収録概要-96khz/24bitにてステレオ・アンビエント+マルチで収録。
・番組尺- 約60分。
・配信期間 - 2008年12月24日(水)17:00~2009年1月28日(水)17:00。
・配信方法 - オンデマンド・ストリーミング(コピー不可)

| | コメント (0)

2008年11月18日 (火)

「シュニトケ・穴熊戦法」とは、、、

Pict0135

11月1日
真部裕(vn、va)
室屋光一郎(vn、va)
(「duo」は「お初」☆)

月明けから、
「満席・立ち見」(当店「キャパ」臨界点近し)
&「ギャル度100パーセント」
でございました。
ありがとうございますm(__)m

曲目、半分は「現代&真っ向勝負」してました。
シュニトケ:『プレリュード』(ショスタコーヴィチの思い出に)~2vn。あるいは、vnとテープのための。
同:『Moz-Art』(K.416d、による』)~2vnのための。
イザイ:『無伴奏』3番。4番。
ハルヴォシェン:『パッサカリア』(ヘンデル:『組曲第7番』の自由なアレンジ)~vnとva(あるいはvc)のための。

とりわけ、シュニトケ『プレリュード』では、「テープ」(的「処理」)を意識しての「秘密の作戦」として、
なんと、室屋さんが「トイレ」に潜り込んで「2nd」を奏すると言う「荒業」(穴熊戦法)が文字通り炸裂衝撃しました。
これには、草葉の陰のシュニトケ氏もビツクリexclamation ×2でしょうたらーっ(汗)
仰天の(トイレからの「声」)「世界初演奏」でありました。

この曲を聴いただけでも「この日来て良かったぁ(^_^)」状態なのですが、
他にも(私的)「世界初演」が3曲。
どの曲も、硬直した「現代音楽」ではなく、
生き生きとして、正に「グルーヴ」していました指でOK

他に、お二人のオリジナル。
そして、渋~い「ズージャ」の「小唄」なども。

それにしても、当店のライヴ「ヴァイオリン率」高し電球
ちなみに、今月の「vnご出没率」(のべ人数)は、「何割」になるでしょうか?

| | コメント (0)

2008年11月16日 (日)

11・17 『黒田京子トリオ』~追加インフォ☆

 Photo
11月17日(月)pm8:00~(2ステージ)
『黒田京子トリオ』
黒田京子(p)
太田惠資(vn)
翠川敬基(vc)

この日は、2ndアルバム『ホルトノキ』レコ発・ライヴ。です!
(10月19日発売☆)
「詳細」はこちら。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~kkyoko/trio/cd02.html

原田正夫さん(『月光茶房』店主)の「評」はこちら。
http://www.jazztokyo.com/newdisc/newdisc.html

そして「緊急決定」衝撃インフォです。
以下の「ライヴ収録」があります。

『JJazz.Net』(完全無料サイト)
・番組名 - 「Jazz Today」
http://www.jjazz.net/programs/jazztoday08/index.php
・番組コンセプト - 拡張するジャズのイメージをとらえる、ライブシリーズ.
・収録概要-96khz/24bitにてステレオ・アンビエント+マルチで収録。
・番組尺- 約60分
・配信期間 - 2008年12月24日(水)17:00~2009年1月28日(水)17:00。
・配信方法 - オンデマンド・ストリーミング(コピー不可)

と言うことで、
皆様、是非ご参戦いただきたく存じます。

以上、よろしくお願いしますm(__)m

| | コメント (0)

2008年11月 1日 (土)

『酒の会』のご案内

インエフ店主・佐藤です。
季節は移り、はや「晩秋」となりましたが、
皆様お変わりなくお過ごしのことと思います。
「酒の会」のご案内です。
今回は「伊勢喜セレクション・熟成酒」
と言うラインナップになっております。
11月5日。pm7:00(頃)~三々五々。
『白露垂珠』 美山錦純米    2005年3月  
『東洋美人』 山田錦純米吟醸  2003年12月 
『くどき上手』愛山純米大吟醸  2005年10月 
『八海山』  しぼりたて生原酒 2007年12月
「会費」¥6000(料理6品予定)
※「枝豆」本年度最後の入荷☆「丹波の黒豆」をお出しします。
「料理」の都合がありますので、
参加される方は、ご一報いただきたく思います。
「非酒の会」の方のご来店もお待ちしております。
以上「酒の会」のお知らせ、でした。
皆様、ご自愛下さい。
※当店『酒の会ML』より、コピペ。

| | コメント (0)

2008年10月11日 (土)

12日『百鬼どんどろ』公演

この度、30年来の友人であり、
今や世界的な表現者として活躍中の、
岡本芳一『百鬼どんどろ』公演を、
当店で開催する運びとなりました。

10月12日(日)pm7:00~(終演予定、8:00)
『VEIN-静脈』~「百鬼どんどろ~ミミオ作品シリーズ」
(「チャージ¥2000+オーダー)
※敢えて、1作のみの公演で「勝負」いたします。

「岡本芳一」
等身大の人形、仮面等を使い、
同時に「自身」も舞台に加わる独自なスタイルで、
正に「どこにもない『どんどろの世界』」を、
この30数年に渡って構築・展開している。
詳細は下記サイトへ☆

『百鬼どんどろ』サイト
http://www001.upp.so-net.ne.jp/dondoro/

(口上)
ミミオ作新シリーズNO. 1 ~『VEIN (静脈)』
この作品シリーズは従来のどんどろ岡本芳一の舞台作品とは異なる観点から生まれたモノです。
坂口安吾の「夜長姫と耳男」からとった「ミミオ」という名前つけました。
観客も舞台も意識しない極めて個人的な世界を粘土をこねるように形にしていきました。
永久に未完成な極私的エロスとタナトスの世界です。

皆様のお越しを心よりお待ち申しております。

| | コメント (0)

14日のメンバー(太田惠資(vn)&不破大輔(b))「確定」

この日は「duo」になりました。

「チャージ」は「¥2800」です。

「先日太田さんと話しまして
デュオで曲をやるという事になりました。
映画音楽とかです。」(不破)

とのことです。
なにやら楽しみですね☆

皆様のお越しをお待ちしております。

以上、「追加インフォ」まで。

よろしくお願いします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧