« 7月のスケジュール | トップページ | 「枝豆の季節」!なのだ☆ »

2011年7月 8日 (金)

『ハードタイム~』な日々

数日前、ふと、 
(ギターの)鬼怒さんがよく「これ」やってた(る)よな~と、ふと浮かんで(それって「誕生日(7・7」のせいexclamation & question) 
で、(矢野)あっこちゃん、これやってたよな~って、、、かけたりしらべたりな今日この頃、なメモ日記。 

先ずは、あっこちゃんの「それ」を紹介したくて、『YT』してたんだけど、なくて、、、 
でも、以下のものを「発見」電球 

「矢野顕子&ギル・ゴールドスタイン」 
http://bit.ly/prCerY 

「ジェイムズ・テイラー&ヨーヨー・マ」 
http://bit.ly/nd7t5i 

しらなんだ☆ 
(特に2本目は・目点) 
失礼しましたm(__)m 

ちなみに「それ」(タイトル)所収のアルバムはこちら↓ 
『矢野顕子/WELL COMEBACK』(89年) 
8. "Hard Times, Come Again No More" 
作詞・作曲:STEPHEN FOSTER  

クリップ「共演者」が凄すぎ!(って「それ」で買ったんだけどあせあせ(飛び散る汗)) 
(参加「数」順) 
チャーリー・ヘイデン(!なんですよ~(^_^)) 
ピーター・アースキン 
パット・メセニー 
アンソニー・ジャクソン 
ウォーレス・ルーニー 
 
※坂本龍一(5曲参加)「同点首位」 
あと、なにげに、福岡ユタカ、のクレジットが☆(おおいえい!) 
  
ともあれ、「1曲目」がいきなりこれさぴかぴか(新しい) 
1.『It's For You』 
作詞・作曲:PAT METHENY & LYLE MAYS 
※ある時期パットの家の留守電BGMに使われていた!? 

ちょっと戻るけど、上記あっこちゃんアルバム成立エピソード。 
(某サイトコメントよりひろい~。まじすかexclamation & question) 

「(前略) 
チャーリー・へイデンと競演したいきさつの話が面白かった。 
本人に直接電話をかけて、競演したい旨伝える。 
『デモテープ送って』と言われて、送ると、良いよ、やりましょうと言うことになる。 
ドラムはピーター・アースキンでいいね。 
ギターはどうするかな・・パットとミックが居るけど、パットに聞いてみて。 
と連絡さきをおしえられ、電話すると、 
『デモテープ送って』とやはり言われて送る。 
そろそろ聴いたと思うころ再び電話してみる。 
留守電になっていたのだが、その留守電のBGMが・・・・・ 
矢野さんの送ったデモテープの音になっていた! 
と言うわけで、めでたく競演の運びとなりできたアルバムが 『WELCOME BACK』 

えんぴつ 
俺の聞いたエピソードは、 
坂本龍一が、あっこちゃんが「パットとやりたい~!」ってのを聞いて、 
「だめもとで、直でtelすればぁ~」 
で、あっこちゃん直tel。 
で、「いいよ~」(PM) 
「だしょ!」(SR) 
だったと思うんだけど。 
ま、どっちでもいいんだけどさ。

|

« 7月のスケジュール | トップページ | 「枝豆の季節」!なのだ☆ »

『インエフの日常』2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7月のスケジュール | トップページ | 「枝豆の季節」!なのだ☆ »