« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

「復興支援祈念カンパ」の一事例

※当店『酒の会』MLコピペ

梅雨に入りましたね。
なにかと行動がいまいちセーブされる今日この頃、
気を確かに持って(?)毎日を爽やかに送りたいものです。

さて、先日の『酒の会・番外編~昭和な(寝てしまった)洋酒たち』
ご参加された皆様、ありがとうございました。

改めて、、、
あの洋酒たちは、ピアニストのKさんのご自宅で「眠りについていた」ボトルたちです。
それを、Kさんのご好意で頂戴したものです。

そして、その日、出席された皆様より「震災復興支援祈念カンパ」を募りまして、
そのお志「金壱萬円也」をお預かりしました。

どこにお送りしようかと迷ったのですが、、、

私の知人(親戚同様なお付き合い)に、
仙台在住(青葉区)のMさんと言う方がいらっしゃいます。
『クロワッサンの店・仙台店』のオーナーでもあります。
http://bit.ly/kX6QRh

で、昨日、Mさんのところに『伊勢喜酒店』様より、お酒「6本」をお送りしました。
内訳は、『山古志』×5。
『雑賀(梅酒)』×1。※これは、Mさんとスタッフの方への「慰労」の意味合いで。
(¥14400+配送料)

『山古志』は、新潟は長岡の蔵で、『中越大震災』でかなり打撃を受けた蔵です。
(『お福正宗』が「メイン銘柄」)
その蔵が、「山古志村」の棚田にて酒米を契約栽培、それで醸した、
そう言う「震災繋がり的・趣向の酒」です。
「中越⇔東北」的な。

そして、勝手なお願いながら、
その「収益」(の一部)を、Mさんのご判断で「どこか(どなたか)」に届けてほしい旨伝え
ました。

以上、取り急ぎご報告まで。

店主拝

クリップ「支援金(カンパ)を届ける」一つの事例として。
敢えて掲載させてたいただきました。
色々な「事例」「方法」あるかと思います、、、。

| | コメント (0)

2011年5月26日 (木)

荒井由美『ひこうき雲』の秘密④~起こしメモ

http://bit.ly/la4Xk1

『曇り空』

細野「もうアメリカ一辺倒だよ」

ユーミン「私は『ブリティッシュロック』好き」

松任谷「イギリスロックって大っきらいだったから。
サウンド的に許せなかった。
ゆみさんとぼくらの間で、
ちょっともやもやっとした空気があったかもしれない」

ユーミン「レコーディングが始まって、半分くらいのところで、
職場恋愛みたいになっていったんで、
後半は「融合」しましたね。
ま、お付き合いしだしちゃったから、、、。
なんとかの赤烏帽子」みたいな(^_^;)」


間奏で、
松任谷「いいフレーズだよね」
多分、このフルートを指して。
(違うかな、細野さんのギターを指して?)
ともあれ、このフルート、宮沢昭。
当時バリバリのズージャ・テナー奏者。
だから、フルートは「持ち替え」なんだけど。

(ユーミンのピアノを指して)
松任谷「こんなに弾けるんだ!
これ、コピーしてもらって、
(ユーミンに)毎日寝る前に聴いてもらおうかな」

(『ミスリム』から、ピアノパートも松任谷になった、、、)
ユーミン「『ミスリム』を弾いたのに、差し替えられたの(^_^;)
この辺(頃)頑張った!」

ユーミン「こう言うの、みんなで聴くからこその楽しさですよね。
小さい部屋で、打ち込みだけでやってる、ミュージシャン、かわいそうね。
それしか知らない人たちって」

ユーミン「それでは、私が一番好きな曲をね、聴かせて下さい」
『雨の街を』
(最後に録った曲)

ユーミン「ちょっと恥ずかしいエピソードなんですけど、、、。
(この歌は歌いたくない状態で、、、当日を迎えた)
スタジオに入ったら、
ピアノの上に、牛乳瓶にダリアの花がさしてあって、、、。
そこにスポットが当たっていたのね。
と心の中で見えたのかしれないんだけど。
それは、なんとまつとうやさんが置いた花だったのね。
その数日前に、井の頭公園を散歩しながら、好きな花のことを話していて。
私は「ダリア」が好きだって。
それが牛乳瓶に挿してあって(と言う)
それで、この歌が歌えた、、、。
そう心の中ではなってます」

「またベースが良いんですよ!
サウンドが、もや~っとした、、、(感じを出していて)」


(ユーミンにとって『ひこうき雲』ってなんですか?)
「もう他人事のような、、、
『荒井由実』って言う別人が、
今でもパラレルに、横に居る少女って言う、
すっごい不思議ですね、、、」

終了カチンコ

クリップ
團伊玖磨
もう20年以上前だと思うけど、
NHK教育の某番組で、
『ひこうき雲』を取り上げた。
♪「(空を)かけてゆく」
ここのフレーズ(メロ)が、言葉(アクセント、高低)と対応してなくて、
だから逆に新鮮だ☆
と絶賛、までは行かないけれど、ま、誉めていた、
ことを思い出した。

つい長くなってしまいましたが、、、たらーっ(汗)

長くなりついでだ~☆
【帯】魔女か!スーパー・レディか!新感覚派・荒井由実 登場
※「分類」~「ヒットソング」

【ライナー(プロフ)】
荒井由実(ユーミン←ポイント(級数)落として。ちっちゃく)
生まれ:1954年1月19日。山羊座(性格的にはみずがめ座)
出身地:東京都八王子
学歴:立教女学院卒。多摩美術大学絵画科日本画専攻(在学中)
趣味:音楽。日本画

↑突っ込みどころ満載ですよねあせあせ(飛び散る汗)

最後の最後メモ~『そのまま』バンジョー:松任谷正隆。

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

坂田明さん的立場~「原発」そして「チェリノブイリ」

17461514

(前略) 
ちなみに、坂田明さんは、ご自身が広島県・呉市の出身でおられることもあると思うが、放射性廃棄物を含め、この何か起きたら誰もどうにもすることができない原発を、日本の各電力会社が抱えていることで、電力会社からの仕事は一切引き受けない、と明言されている。 
(後略) 

黒田京子サイト~『洗面器』(5月15日) 
http://bit.ly/muiG9d 


『ひまわり』~『チェリノブイリ』(音と画像) 
http://bit.ly/mjLv5f 

坂田明(as) 
フェビアン・レザ・パネ(p) 
吉野弘志(b) 
ヤヒロトモヒロ(per) 

クリップ2010年8月。 
チェルノブイリ原子力発電所に行った際、案内役をかってくれた青年がくれた原発や放射能汚染地帯の写真。 
4万5千人が強制移住させられ、今は無人と化した­ウリピアチ市の様子が生々しく写っている。 
坂田明さんのサックスが映像に溶け込んで、物悲しい。 
曲は、がんばらないレーベルより『ひまわり』(坂田明) 
このCDの利益は、JCFを通じて、東北被災地支援のために役立たせていただきます。 
JCFのサイトからご購入いただけます→http://jcf.shop-pro.jp/?pid=17461514えんぴつ 


最後に、坂田さんの「つぶやき」から(5月7日) 

浜岡原発停止は廃炉ではない!我々生きているもの全ては夜の闇が必要です。 
その闇に対する畏怖が生命が生命であるために必要な条件のひとつです。 
闇では死なないし避難しなくても良いです。 
停電した畳の部屋で七輪の赤い炭火とろうそくの明かりはとても平和でした! 
http://bit.ly/lYLuQc 


ペン文字通りの「つぶやき」 
先日、「3・11」以前の、「御用文化人」(原発推進旗振り要員)の「実態」(のほんの一部)を、 
『原子力発電四季報』と中心に、自分用メモとして貼りました。 
(『ツイッター』→『ミクシー・最新のつぶやき』) 
「その後」その人たちは、どんな発言をしているのでしょうか、、、。 
彼らに対しては、もう、怒りを通り越して、なんだか、ため息も出ない、、、そんな感じです。 
そんな中、例えば、坂田明さんの、「3・11」以前から、「坂田流自然体」で「原発」あるいは「チェリノブイリ」に関わって来られたことに、改めて頭が下がる思いです。 
(「そんなえらそ~なもんじゃねぇよ」って照れ笑いされることと思いますが) 
そして、今回、「がんばらない」レベルでのexclamation & question元気、勇気を、また(また)いただきました。 
本日は、その文字通りの「記録」(メモ)です。

| | コメント (0)

「健康法」な話~「タワシ」と私、そして「真水」

「花粉」・・・色々「思うところ」あったので、検索かけてみました。

『ウィキ』
(前略)
1960年後半からおよそ10年は帰化植物であるブタクサによる花粉症が多かったが、1970年代中頃からスギ花粉症患者が急増した。
特に関東地方共通のできごととして1976年に第1回目の大飛散があり、その後1979年、1982年にもスギ花粉の大量飛散と患者の大量発症があり、全国的ではないにしろ、ほぼこの時期に社会問題として認知されるに至った。
「花粉症」という言葉が報道等で一般的に用いられるようになったのもこれ以降である。
(後略)
http://bit.ly/mIdSTY

この「1979」に、はたダッシュ(走り出す様)と膝を打ったのでした。
当時、中野区(江原町)に住んでいて(最寄駅は「東長崎」)、保谷に引っ越したのが1979年の3月。
その直後から、原因不明の洟水(垂れ流し系)に悩まされ始めたのでした。
今考えると、それは、多分「花粉」がらみだったのでは?と思うわけです。
他にも、直ぐ裏が「キャベツ畑」で、その(巻きあがり的)「砂塵」か?と言う「疑い」も、、、。
結局は特定はできない「複合○×」?

元々「小児喘息患者」だった私。
中学以降は出ていませんが、風邪引くと、よく「洟だら←ティッシュ×沢山的な人」になることが多かった私。
で、思いあまって、先ずは「体質改善計画」を色々やりましたです、はい!
「食事」は、基本的に「魚と野菜」&穀類は(なるべく)精製していない系に。
これはよくあるパターンですが、、、

他に「機具系」から攻めると言うことで色々。
「金をかけない」+「日常的に即できる」と言うことをモットーに☆
「足裏金槌法」とか、なにだとか、かにだとか、、、。
で、辿り着いたのは「タワシ」☆
フツーの(100円)「亀の子タワシ」です。

確か、新聞の生活欄か何かで見たのだと思います。
(「足裏金槌」もそうですが)
はじめは、風呂に入って泡を立てて、恐る恐る、、、(それでも、初めは「真っ赤」に!)
でも、だんだん、大丈夫になってきて、次第にエスカレート。
最後は、寝起きに、いきなり上半身裸で「ゴシゴシ」衝撃

これって、喘息患者合宿では、必ず行われる「乾布摩擦」じゃないですか電球
と思い至りました。

で続けること数年、、、
「洟だら」も気が付くと止んでいました。
ただ、これも、何故直ったのか?も、結局いまいち判らず、なわけですが。
「複合治癒」って感じですよね。

結局「私の健康法」は、とにかく、
「金使わない」⇒「その手の機具」使わない
「日常的にできる」⇒「どこか」行ったり、構えたり、しない。
ま、ある意味「がんばらない」ってことですか(^_^)

で、今は、、、
「水かぶり(健康法)」です。
(風呂上り、と言うか、私の場合、シャワー上がりですね)
冬でも「真水」です!

以上m(__)m

| | コメント (0)

原発と「文化人」

高野猛「マスコミが原発事故報道で腑抜けになるワケ(1)」
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/04/1_6.html

同(2)
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/04/post_758.html

玉木正之「東電とギャラ(幻の500万)」(3月12日分)
http://www.tamakimasayuki.com/nanyara/bn_1103.htm

『歴史に残る朝生』
http://www.youtube.com/watch?v=rS9zhKZTpSI&feature=share
勝間和代。池田信夫。堀江貴文、、、。

勝間和代
「原発事故に関する宣伝責任へのお詫びと、、、」
http://bit.ly/ltMMyc

メモ貼り的に。

| | コメント (0)

「茂木健一郎」の場合

「婦人公論に掲載されていた電気事業連合会の広告。
バックナンバーが同会のページで公開されていたのだが、批判の高まりを受けて公開を停止した。
広告には脳科学者の茂木健一郎さんも登場、原子力発電の安全性を訴えていた。」
http://bit.ly/jiuwF1

『当事者として考える』~『原子力発電四季報』(春号/2010)
「一般の人々の原子力に対する期待に応えるためにも、関係者には本当にご苦労だけれども、がんばってもらいたいと思う。
万が一にも起きてはいけない不測の事態。
緊張を強いられる日々だと思う。その営為を想像すると、頭が下がる。」
http://bit.ly/iXkqT3
その「万が一」が起きたのだよ!茂木健一郎氏よ。

「ぼくは何があろうと市川海老蔵さんを支持する。」
http://bit.ly/jfR9e4

「堀江貴文さんにお目にかかり、お話をした。」
http://bit.ly/iSvvER

「クズ新聞、クズテレビ、クズ大学。オレは、お前たちと仕事をする時は、誠心誠意やるよ。とにかく、ベストを尽くす。一緒に仕事をする仲間は、心から愛する。身体を捧げる。しかしな、組織として、お前たちが終わっていることについては、一ミリとも譲らないぞ。」
http://bit.ly/lfqh74
「仕事は選ばない」ってことですか、、、。
それにしても「クズ」かよ。

「所得4億円無申告」
「、、、2~3年前に税務署から申告を求められたこともあった。それでも申告を行わず、、、」(読売オンライン)
http://bit.ly/mDvHL4
こう言うのを「確信犯」と言う。

一時期氏にハマっていただけに、自分が残念と言うか、、、ダメじゃん。
もっと「眼」を磨くべし。

| | コメント (0)

2011年5月13日 (金)

「義捐金(カンパ)」のご報告

Photo

先日「震災復興支援祈念ライヴ」として、
5月4日。坂本彩(p)小美濃悠太(b)坂本貴啓(ds)。
「予告参戦」門馬瑠依(vo)和田俊昭(g)。他「当日参戦」の方数名。
「調律」辻秀夫。

11日。柳家〆治(落語)独演会。
開催いたしました。
※両日とも、避難所の方(希望者)ご招待。

この日に「義捐金(カンパ)」を募りました。
(他の日に頂戴したカンパも含めて)
ありがたいそのお志、
「43194円」
にのぼりました。

そして、本日、練馬庁舎に出向き、
「危機管理室東日本大震災対策課」に、
「指定寄付」~「避難所運営費」
として納めて来ました。

以上、報告いたします。

ここに関わられた、お客様、ミュージシャン、関係者の皆様、
改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

店主拝

| | コメント (0)

2011年5月 8日 (日)

6月のスケジュール

2(木)電球吉見征樹(tabla)ハクエイ・キム(p)天田透(bfl)(30) 
3(金)千野秀一(p)ソロ♪(25) 
4(土)小美濃悠太(b)瀬田創太(p)永山洋輔(ds)♪(20) 
5(日)千野秀一(p)喜多直毅(vn)♪(28) 
6(月)電球須川崇志(b)角田隆太(b)吉見征樹(tabla)♪(25) 
7(火)坂本千恵(p)岩佐真帆呂(sax)カイドーユタカ(b)三科武史(ds)♪(23)
8(水)電球太田惠資(vn)土村和史(b) 「ゲスト」木村秀子(p)♪(28)
9(木)山田穣(as)阿部紀彦(p)本川悠平(b)正清泉(ds)♪(30) 
10(金)西山瞳(p)ソロ♪(25) 
11(土)『ジャム・セッション』坂本千恵(p)店主(b)♪(15)※ヴォーカルも可。7時スタート☆ 第二土曜日開催。 
13(月)電球黒田京子(p)池長一美(ds)♪(28) 
14(火)電球喜多直毅(vn)向島ゆり子(va)翠川敬基(vc)不破大輔(b)♪(30) 
16(木)『Aura』川島佑介(ds、per)野口明生(p)♪(20) 
17(金)ハクエイ・キム(p)ソロ♪(25) 
18(土)中西俊博(vn)壷井彰久(vn)♪(28) 
20(月)電球栗林すみれ(p)山本玲子(vib)澤田将弘(b)川島佑介(ds)♪(20) 
21(火)電球喜多直毅(vn)坂本弘道(vc)♪(25) 
22(水)角田隆太(b)兼松衆(p)木村紘(ds)♪(20) 
23(木)牧原正洋(tp)西村俊哉(g)家中勉(tuba)♪(30) 
24(金)『Groove X』松井秋彦(ds)蕪木光生(p)猪口勇哉(b)♪(25) 
25(土)6月の『酒の会』 ※詳細未定 
26(日)電球坪口昌恭(p)市原ひかり(tp)♪(28)
27(月)類家心平(tp)千葉広樹(b)服部正嗣(ds)♪(25) 
28(火)電球類家心平(tp)山本達久(ds)立岩潤三(per)♪(25)
29(水)西山瞳(p)橋爪亮督(ts)♪(25)

| | コメント (0)

2011年5月 6日 (金)

「震災復興支援祈念ライヴ」のお礼とご報告。

4日の「震災復興支援祈念ライヴ」お忙しい中、ご来店いただき、ありがとうございました。
また、
「義捐金」もたくさんお寄せいただきました。重ねてお礼申し上げます。
11日「落語会」の「義捐金」と合わせて、後日、練馬区へ「避難所への『特定寄付』」として納めさせていただきます。
取り急ぎご報告まで。

今後ともよろしくお願いします。

店主拝

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »