« 『タブラトゥーラ』コンサート | トップページ | 驚愕の☆ユジャ・ワン »

2011年3月 9日 (水)

『ブル8』シャイー&ゲヴァントハウス管

3月4日
サントリー・ホール
1階23列(最後尾)7番

何か気合い入れて、まとまったものを書こうと思っていたのだけれど、
ある所にこの日「日記」がUPされたことで、ついコメント入れ。
メモ代わりにこちらにも転載。
(加筆編集あり)

えんぴつ
私も「チェリ。朝比奈」を背負っての参戦でしたが、、、。
とりわけ「チェリ」の神がかった、
ある意味「宗教イヴェント」に近いものがあるそれとは違い、
「余りに人間的な、、、」
そう、正に「生々しい」演奏でした。

ご指摘の「第二ヴァイオリン」
グルーヴしてましたね☆
シャイー自身も、何度か気合い入れて指示を送っていたのが印象的でした。

とりわけ、金管の強奏が、豊に鳴っているのですが、「浮き上がる」ことなく、
そして、全てのパートが「かくあるべし」と言う明晰さで展開されていたことに、
大いなる感銘を受けました。

チェリの「時空」は果てしなく(「時」を味わう、と言うか)、、、でしたが、
シャイーは、、、「前へ前へ!」(「今を、そして今を!」)
爽快に早く、しかも大河の如く、
エンディングへと雪崩れ込んで行った、、、
そんな感じでした。
(実際は、85分ほど。そんなに「早い」わけではなく)

正に、「現代(いま)に息づく」『ブル8・2011』でした。

クリップ
チェリビダッケ&ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
1990年10月10日
オーチャード・ホール

朝比奈隆&東京交響楽団
1993年11月13日
サントリー・ホール

|

« 『タブラトゥーラ』コンサート | トップページ | 驚愕の☆ユジャ・ワン »

コンサート&ライヴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『タブラトゥーラ』コンサート | トップページ | 驚愕の☆ユジャ・ワン »