« 最後の「2010」 | トップページ | 「エレニ」に呼ばれた☆の巻 »

2011年1月 4日 (火)

謹賀新年

「2011年」明けました富士山 

本年もよろしくお願いいたします。 

31日に帰省して、昨日3日戻って来ました。 

今年の年末年始は、正に「シュトルム・ウント・ドランク(しっぷうどとう)」でありました。 
両親が相次いで入院したのです。 

24日父。 
28日母。 
(実は、「そんなわけ」で、29日緊急半日帰省敢行!だったのです) 

不幸中の幸いといいますか、両親とも「骨(系)の損傷」で、 
「安静」にしていれば直る、と言うものでした。 
二人とも大正生まれ(父10年・89歳&母14年・85歳) 
「より一層養生しなさい」 
と言う「天の声」なのでしょう。 
ともあれ、今後、「介護(方面)」が切実な問題になって来たことは確かです。 

そんなことを踏まえ、ある方への年賀状に、このように記したわけなんです。 
「変わらないで在ることの『ありがたさ』を今かみしめています」 
※「つぶやき」に掲載。 

「実家」と言うのは、「親」が居てこそ、 
と言うことを改めて噛みしめた年末年始でした。 

それでは、最後になりましたが、 
皆様の本年のご多幸とご健勝をお祈りいたします。

|

« 最後の「2010」 | トップページ | 「エレニ」に呼ばれた☆の巻 »

『in“F”』2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後の「2010」 | トップページ | 「エレニ」に呼ばれた☆の巻 »