« 12月の『酒の会』(兼忘年会)のご案内。 | トップページ | 最後の「2010」 »

2010年12月26日 (日)

塩田哲嗣(b)さんの「言葉」~ミクシー「日記」より

今日の夜は、大泉学園にある、in Fという小さな、でもある意味とても大きなJazz Clubで演奏します。

ここのマスターはBassistで、数年前に久々に出演した時に、今使ってるWalterWoodsというベースアンプがどうしても欲しくて、ヤフーオークションをお店で居残ってやらせて貰い、なんとGetしたのですが、

その時にマスターとゆっくり話す機会を持ってから、とてもとても深い縁を感じてしまったのです。

限りなき探求。

それこそまさに永遠の課題であり、かつ生きる喜びであるのですが、そういう要素が、何故かステージのまわりにある本棚の書籍や、Pianoの調律、お酒やおつまみへのこだわりからすら感じさせる空間なのです。

そしてその”縁”は、今日の共演者にもまさしくぴったりな言葉なのです。

僕らが何で音楽に出会い、Jazzを愛し、そして時には憎み、そしてそれでもなお、自分の人生を費やしてでも演奏しつづけるのか、学び続けるのか、

限りなき探求。それは時として、”笑顔”というシンプルな答えを僕らに与えてくれます。

是非来てくださいねー。

clip以上、うれしかったので貼りました。

「当日」は感動的、以上goodでした。
12/24(金)大泉学園 in F X'mas Special Session
Sax/山田穣、Piano/片倉真由子、Bass/塩田哲嗣

|

« 12月の『酒の会』(兼忘年会)のご案内。 | トップページ | 最後の「2010」 »

『インエフの日常』2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月の『酒の会』(兼忘年会)のご案内。 | トップページ | 最後の「2010」 »