« 「一休さん」の肖像画・破損の「犯人」はアライグマ? | トップページ | 私の「『文化』祭」~「姜尚中」そして「ジャズ研」 »

2010年11月 9日 (火)

本日の「辞書逍遥」

【しょっちゅう 】〔副〕
(「初中後」の転か)
ある物事が絶えず繰り返されるさま。
いつも。常に。始終。「━けんかをしている」 #daijirin

と、知人がつぶやいていたので、『広辞苑』に当たってみました。

【しょっちゅう】〔副〕
(初中後の転か)
いつも。ふだん。絶えず。終始。

で、ふと前(項)を見ると

【しょっこん】[蜀魂]
(蜀の望帝の魂が化してこの鳥になったという伝説から)
ホトトギスの異称。

初めて見(聞い)たなぁ電球
また一つ利口になりました(一応)

ちなみに、
【しょっちゅう】
の後(項)が、
【しょっつる】
「ひしお汁」の転訛か。
とありました。

以上、本日の「辞書逍遥」でした。

ps.手持ちの「第四版」は、「2800p」ありまして、
毎日読んでも(ほぼ)「8年」かかるのであります。
「1ページ」って言っても、これちゃんと読むと「5分」じゃきかないでしょ。
(10分未満?って感じ)
「道」は遠いです、、、ペンギン
♪君は~ゆくのか~そんな~にして~まで~。

|

« 「一休さん」の肖像画・破損の「犯人」はアライグマ? | トップページ | 私の「『文化』祭」~「姜尚中」そして「ジャズ研」 »

『インエフの日常』2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「一休さん」の肖像画・破損の「犯人」はアライグマ? | トップページ | 私の「『文化』祭」~「姜尚中」そして「ジャズ研」 »