« 近隣BGM「戦争」 | トップページ | 『ブラック・エンジェルズ』 »

2010年9月30日 (木)

【しぎ】「問題」

先日の日記、
「いそしぎ」
で静かに盛り上がっている☆今日この頃。
(って私だけあせあせ(飛び散る汗))

この際なので、辞書を引いてみました。
『広辞苑』(第四版。1991年)です。
久々に開きますたらーっ(汗)
このところ「言葉調べ(当たり)」は、即「ネット」してしまうので、、、。
すみません「こうじえん」さん。
でも、「英和」「独和」は、結構開くんですよ(ぷち言い訳)

と言うことで、以下。はりきってどぅぞぉ~!
(編集あり)

「いそしぎ」【礒鷸】
シギの一種。
ユーラシアに分布。
本州では、「留鳥」および「旅鳥」
(この「意味」がいまいちわからん。そう「呼ばれている」の?)
普通、汀(みぎわ)に単独で住むことが多く、細く鳴く。

「しぎ」【鴫・鷸】
チドリ目シギ科の鳥の総称。
「旅鳥」として、夏から秋にかけて、我が国を通過するものが多い。
(なるほど、そう言うことでしたか!)
「イソシギ」「タシギ」「ヤマシギ」「アオシギ」
など、種類が多い。
〈季・秋〉→鴫立沢(しぎたつさわ)

おお電球
そう言えば、「あの歌」が有ったではないか!

心なき身にもあわれは知られけり 鴫たつ沢の秋の夕暮れ
(西行)

改めて、いい歌ですなぁ~。
「季節」も正に「今」
(もうちょっと「秋深し」な頃なんでしょうが、、、)

ちょっと戻って「しぎ」の項に、関連語として、
「鴫の看経(かんきん)」
※「かんきん」とは!読めないなぁ~。
なる語が載っていました(初めて聞き(見)ました)
「鴫が、羽掻(はがき)などをせずに、田や沢にぼんやり立っているさま」
だそうです。
共感度98パーセント(深く問わないで)な言葉です☆
好きです、こんな感じ指でOK
「ぼんやり立っている」
と言うのが良いですね。
この「たたずまい」、私的には、正に「秋」と言う感じです。

しかし、しかしなんです。
「某ネット辞書」を紐解くと(画面開くと)、こうなっております。
「鴫が田の中などに静かに立っているさまを、経をよむ姿に見立てた語」
こっちの方が「経を読む姿」と言うことで、「毅然」としております。
単に「ぼんやり」しているのではないと(^_^;)

と言うことで、これやこの、、、
「辞書は開いてみるもんだな秋の夕暮れ」
でございました。

以上、「しぎを巡る冒険?」にて失礼。

|

« 近隣BGM「戦争」 | トップページ | 『ブラック・エンジェルズ』 »

『インエフの日常』2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近隣BGM「戦争」 | トップページ | 『ブラック・エンジェルズ』 »