« 「『弦』楽器 | トップページ | 正に「疾風怒濤」な「幸せ」 »

2010年9月 7日 (火)

二つの「『弦』楽器」共艶による「誕生日」

9月1日
黒田京子(p)
八木美知依(筝、vo)

お二人に演っていただくのは、結構久しぶりでした。
なんだか、そんな感じはしなかったのですが、、、。

前回は、と「資料室」に当たると、
当時展開していた『黒田京子duoシリーズ』の一夜に。

020718 黒田京子。八木美知依。

なので、「8年ぶり」ですかぁ~(溜息)
※「当店的」です。あくまで。

改めて、ピアノも筝も「『弦』楽器」だってことを「確認」しながら聴いていました。

とりわけ『ホルトノキ』(by 黒田)に涙しました、、、。

『十六夜(いざよい)』(by 八木)での、八木さんの「うた」に背筋がピンと伸びました。
そこに寄り添う、西洋楽器を逸脱したかのような黒田さんのピアノ、
そして逆に、妙に「西洋」を感じさせる八木さんの筝に、だんだん意識が溶解していきます、、、。

最後に『ハッピー・バースデイ』も演っていただきました。
演奏で胸が一杯なのに、「それ以上」をまた重ねていただきました。
お二人と、この日のお客さんに改めて、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

この日のことに触れている、素晴らしいブログを紹介させていただきます。
http://kdreieck.exblog.jp/15053886/

そして、いつも切り口鋭い「黒田さんと大学同期」の『音場(舎)』さんの日記。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1574124343&owner_id=1141377

|

« 「『弦』楽器 | トップページ | 正に「疾風怒濤」な「幸せ」 »

『インエフの日常』2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「『弦』楽器 | トップページ | 正に「疾風怒濤」な「幸せ」 »