« 8月は、、、 | トップページ | 「昧爽」と『風街ろまん』と松本隆 »

2010年8月 5日 (木)

小三治・池袋の夏

8月は「小三治・池袋の夏」でもあります。
(具体的には、昼の上席、です。「休演日」あり。注意。3、5、8日の「予定」)
その「初日」に行って来ました。

※昨年の「参戦」日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1252452130&owner_id=429030

当初の予定だと、9時頃に起きて、10時頃から並んで、、、だったのですが、
「ワールドカップ時差」がまだ続いていて、朝方5時の段階で「目ぱっちり☆」
ま、なりゆき、、、(寝ずに行っても良いか!?)と思っていたら、
『荒井由実1996ライヴ』が「眠剤」になったようで、6時頃「爆」
起きると、これがもう11時になろうかと言うあせあせ(飛び散る汗)

一旦は諦めたのですが、
「ライヴは思い立ったが吉日~『その日』は二度来ない☆の法則」
に従って、先ずは行ってみよう!と池袋演芸場へ。
(「売り切れ御免」の場合もあるのです。昨年「山帰り」に、3時頃に行ったら入れなかった)
12時頃から並んだのですが、なんとか(と言うか、余裕の)「立ち見」で入れました。
結局、右サイドに立っていたのですが、開演直前の「通路座りOK」のアナウンスに、
正面通路・前から4人目、超狭地べた座り(体育座り)の席をキープ(but けつ痛!かった)
「立ち見」は、最終的に「5~60」出ていたでしょうか。
「池袋」で(他の寄席でも)「こんなの」は、今や、小三治さんの時だけでしょう。
(かつては、志ん朝さんの時が「こう」でしたが)

8月1日。昼の部(0:30~4:30)
「落語」 市也。『牛ほめ』 ※「前座」は「番組表」には載らない。以下が「本編」。
「落語」 ろべえ。『元犬』
「漫才」 ホームラン。「野球賭博の話は、あと3ヶ月で忘れられるよ」「?」「ことみつき」
「落語」 禽太夫。『替わり目』
「落語」 福治。『町内の若い衆』
「奇術」 世津子。
「落語」 喜多八。『へっつい幽霊』
「落語」 小里ん。『碁どろ』
「太神楽」 鏡味仙三郎社中。(仙三郎。土瓶まわし(扇子の上で)が至芸!)
「落語」 正蔵。『仔猫』
(お仲入り)
「落語」 三三。『高砂や』
「落語」 さん喬。『棒鱈』
「紙きり」 正楽。『相合傘』(ミッキー&ミニー版のリクエスト。に答えて。これが見事!)他。
「落語」 小三治。『一眼国』
※3:55~4:40。40分強。

えんぴつ小三治~(思い出すまま。細部は「編集」)
しかし、こんな(暑い)日に、よく来るねぇ。
(先ずは、場内「大爆笑」)

何やろうか、、、。

浮かばないんで、、、
誰か、ここ(高座)に来て、何かやってくんないかなぁ~。
(「大爆」)

暑さで「ぼーっ」として、頭がはたらかないね。

私、ご存知の通り、リューマチなんですがね、、、。

「冷房」が嫌いなんです。
特に、あの「風」が。
家(の部屋)では、冷房かけてません。
隣の部屋の「冷気」を、こう、すぅ~っと、入れましてね、、、。

「エチオピア」に行った時の、腿が焼けそうになるくらいの、凄まじい「熱気」の話。

、、、おもむろに、、、(気が付いたら、「前振り」になっている)
浅草の観音様の境内には、昔、いろんな「小屋」がありましてね。
私が、噺家になりたての頃、よく行ったものです。
当時は、羽織が高かったもので、そこで買ったこともありました。
(その羽織の)「紋」が、扇子が開いて、その下に、閉じた扇子がある、と言うやつで、
その「紋」をさんざんけなして、値切って、、、安く買った覚えがありますね。

「見世物」(小屋)ですがね、、、
例えば、
「おおざるこざる」
大きい笊と小さい笊が置いてあるだけなんだ。
「べな」
「鍋」がさかさまにしてあって、、、そこの男が、たまに棒でその頭をたたくんですね。
で、「べな、、、」(とやる気なさそうにとなえる)
そんなんですよ。
でも「そう」とは謳ってないんで、しょうがないんだ。
※『六尺のおおいたち』(志ん生ネタ)は出なかった。

以下『一眼国』へ~。

|

« 8月は、、、 | トップページ | 「昧爽」と『風街ろまん』と松本隆 »

『インエフの日常』2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8月は、、、 | トップページ | 「昧爽」と『風街ろまん』と松本隆 »