« 文字通りの「世界初演」炸裂に涙、、、 | トップページ | 「早弾き~」を巡る「コメント」と「レス」 »

2010年7月29日 (木)

「早弾き世界第三位」から、そして「チェリビダッケ」を語る。

ちょっと数時間前、調べ物をしていたら、こんなフレーズ広告が☆
なんだこりゃ!?って感じで、ちょい迷ったあげく、、、クリック!
長いページで、タテに延々と続き、スクロールの嵐、、、
結局最後まで読んじゃった。
これをまんまと「はまった」と言うあせあせ

ど~ゆ~「コンテスト」かと言うと、要するに「(世界)動画コンテスト」
で、そこの「第3位」(1100人中)と言う。
まぁ「世界」と名の付くものには、色々あるもんですね。

彼は、他にも、
「ジョー・サトニアーニ監修の某コンテスト」=「オンラインでの決勝戦に残る」
「リー・リトナー監修の某コンテスト」=「オンラインでの決勝戦に残る」
とあります。
今は、「コンテスト」でも「オンライン」の時代なんですかぁ(ちょっとため息)
この「監修」と言うのも「謎」ですが(^_^;)

なんでも「早」ければ良いってもんじゃないと思いますが、、、
「早弾き」と言うと、やっぱり「ギター」ですよね。
で、ジャズ系で言うと、その最左翼は、
やはり『スーパー・ギター・トリオ』(の人々)になりますか。
(マクラフリン。パコ。ディメオラ。他の「差し替え」はなし!で)
※「異論」色々あれど、ここではご寛恕あれ。「他」でやってね。

「ピアノ」では、(一般的に)そうは言いませんし、
「管」は、、、「早吹き」あせあせ(飛び散る汗)とは、これまた言いませんよね。
上記2つ、あるいは他の楽器は、
「バカテク」(ひと昔だと「超絶技巧」。今だと「超はや」?)と言う言葉で語られるんでしょうかね。

「楽器」(単体)とは関係なく、
(主に、指揮者とオケの領域になりますが)
「最速」、あるいは「最遅」(って言うのか。とにかく「遅い」)の「演奏」は何か?
~その「名(迷)盤」を探す☆
なんて特集がたまに雑誌を賑わせたり(もう賑わせない?それって、コミュ・ネタか)
時たま、「コンサート評」や「ディスク評」に「それ関連のこと」が書かれたりしていたり、
もう、してないか、、、。

ちなみに(クラシック限定)
私の「最速体験」~輝け☆第一位!は、
ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル。1973年。@東京文化会館。
『ルスランとリュドミラ』(アンコールで演ったですよ)
金管の咆哮には、正にど度肝を抜かれましたが(正に「音(風)圧」を感じましたダッシュ(走り出す様))
あの冒頭の、弦の一糸乱れぬ爆走アンサンブルは何事ですかexclamation ×2

「最遅体験」は、
チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル。1990年。@オーチャード・ホール。
ブルックナー:交響曲第八番。
この日の演奏は、「私の中の音楽体験」の「ベスト1」富士山か、
と言う「物凄いもの」でした、、、。
ほとんど「チェリ教信者(静かなる)総決起集会」でしたね。
(「信者」でなくとも、終演後、自然と「そう」なっている、、、と言う)
と今になって思います。

以下、長くなるので、この辺で失礼いたします。
おあとがよろしいようでm(__)m

|

« 文字通りの「世界初演」炸裂に涙、、、 | トップページ | 「早弾き~」を巡る「コメント」と「レス」 »

『インエフの日常』2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文字通りの「世界初演」炸裂に涙、、、 | トップページ | 「早弾き~」を巡る「コメント」と「レス」 »