« 今週の「爆裂三題」 | トップページ | 「共時性」と言うこと »

2010年7月29日 (木)

「小暑」から「大暑」へ

「二十四気」と言う季節の表現があります。
「立春」から始まる「それ」です。
(以下、「雨水」「啓蟄」「春分」、、、)

今「季節」は、「晩夏」(!なんですよね)
そして、「二十四気」は「小暑」(7月7~22日)
そして、23日からは「大暑」とのこと(~8月6日)

今年は、正に、この「気」通りですね。
過去、この頃でも、「梅雨」なんだか(明けたんだか)判らないようなジメっとした日が続いて、、、なんて年もありました。
(8月アタマ頃に、思い出したように「梅雨明けてました」宣言☆こそって出たりして、、、)
私は、「秋」生まれですが、「予定日8月男」ということもあり(関係ない!?)、こう言う「あじっ晴れ」って言うのが好きです。

「夏」は、はっきり言って「短い!」です。
8月に入って、ちょっとすると「秋風」が吹いてきたりします、、、。
(でも、近年は「残暑」も長いですが)
ちなみに、8月7日から「立秋」なわけです。

と言うことで、「四季」の「四季」たる由縁の「夏」
うまく付き合いつつ、味わいつつ、プラスに乗り切りましょう!

本日は、「ことばおじさん」&「お天気おじさん」、でした~。

|

« 今週の「爆裂三題」 | トップページ | 「共時性」と言うこと »

『インエフの日常』2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の「爆裂三題」 | トップページ | 「共時性」と言うこと »