« 「カメールーン戦」メモ。 | トップページ | 間隙を縫って「ベルイマン」 »

2010年6月24日 (木)

「オランダ戦」に向けて!

6月19日
「やるのは『人間』だ」(オシム)

「確率」は「確率」。「違う『目』」が出る「可能性」は常に、ある。(古よりの言葉&エフ店主)

『ベルリンの奇跡~ベルリン・オリンピック』(1936年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A5%87%E8%B7%A1

『ベルリンの奇跡・再び~東京・オリンピック』(1964年)
http://library.footballjapan.jp/user/scripts/user/story.php?story_id=274

『マイアミの奇跡~アトランタ・オリンピック』(1996年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%81%AE%E5%A5%87%E8%B7%A1

「ふつー」に考えれば、FIFAランキング4位のオランダとの戦いです。
「勝ち『目』」としては、相当低いでしょう。
でも(何回も言います。書きます)
「勝負はやってみなければ判らない」のです。
「サッカー」と言う競技に於いて、「ボールは丸い!」と良く言われています。
「丸い」とは?、、、当たり前です。見れば判ります。
しかし「その○い」ことに「意味」(や、事件☆)があるのです。

さあ、前振りはこれくらいにして、そろそろ「試合」に入って行きましょうダッシュ(走り出す様)

「カギ」は、「右サイド」(先日の「vsデンマーク」を観て)
オランダ、両サイドは、割合ゆるく持たせていたので、
そのスペースを如何に突いて、如何に「クロス」を上げれるか。
(カメルーン戦の得点シーンのようですが、、、)
「正面突破」は厳しいと思うので。

そして、DFは、「ボールウォッチャー」になるなよ!
「マーク(の相手)」を見失わないで!
「ボールと選手」を両方の「視野」に入れて!
「チャレンジ&カヴァー」を最後迄徹底させて!

あとは「セットプレー」に期待のリーチ!
本田の「フリーキック左足一閃☆」が観たい!

では、「90分」(+)楽しみましょう富士山

|

« 「カメールーン戦」メモ。 | トップページ | 間隙を縫って「ベルイマン」 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「カメールーン戦」メモ。 | トップページ | 間隙を縫って「ベルイマン」 »