« 五嶋みどり~弦切り「伝説」 | トップページ | マラドーナとワールドカップと私 »

2010年6月15日 (火)

バーンスタイン1990。そして、五嶋みどり。

今年が、彼の「没後20年」なのだそうだ。 
何が行われて、行われてない、のかは知らないけれど、、、。 

例えば、私、 
カラヤンは「間に合」ったけれど、 
(ライヴに接したと、と言う意味で) 
彼(バーンスタイン)は「間に合」わなかった。 
「間に合」うはずだったが、、、 
「コンサート当日・キャンセル発表」→「帰国」 
→(既に「肺がん」を患っていて、ほどなく)「死去」 

※「メイン・プロ」は『ベト7』」~これ(1曲)を振る予定だった。 

7月16日:NHKホール 
マイケル=ティルソン・トーマス 
(曲目大幅変更) 
ブリテン/『ピーター・グライムズ』~四つの海の間奏曲 
シベリウス/ヴァイオリン協奏曲(五嶋みどり) 
(休憩) 
R・シュトラウス/『英雄の生涯』 

ともあれ、 
素晴らしい!と言うか、 
「予想以上の」(すんません)凄い夜☆になった。 

とりわけ、 
「あのシベリウス」は、 
今でも鳴っている、、、。 
五嶋みどりインプット☆な日

|

« 五嶋みどり~弦切り「伝説」 | トップページ | マラドーナとワールドカップと私 »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五嶋みどり~弦切り「伝説」 | トップページ | マラドーナとワールドカップと私 »