« 『槍ヶ岳』再び | トップページ | 『琉球弧』の悲哀 »

2010年5月18日 (火)

「俳句」を巡る雑感

「ベルギーで高まる俳句の関心」
の「ニュース」を見て。

単なる「3行詩」なら(ここが前提、にして、結論)
(フツーの)「詩」でもいいだろう。
(あるいは、その積み重ね的な、、、)

「俳句」は、先ず、その「(音)律」としての「定型」(「5-7-5」そして「季語」)があり、
そして、その「型」とのせめぎあい(緊張感)の中から生まれるのである。

「音律」と「季語」
それすらも「否定」する立場(句作)も、
その「定型」があればこそ、なのである。
「肯定」するにしても「否定」するにしても、、、。

ま、「3行詩」は、
(言語を問わず)作り易いですけどね。

と言うことで、私も一句。

仮住まい
終(つい)のすみかか
せきひとつ

おそまつバッド(下向き矢印)

|

« 『槍ヶ岳』再び | トップページ | 『琉球弧』の悲哀 »

『インエフの日常』2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『槍ヶ岳』再び | トップページ | 『琉球弧』の悲哀 »