« 『琉球弧』の悲哀 | トップページ | いつまでも在ると思うな~ハンク・ジョーンズ »

2010年5月18日 (火)

『シクラメンのかほり』メモ~「正しい日本語」とは?

「歴史的仮名遣」では「かをり」が正しいとされるため、タイトルの「かほり」は誤りであると指摘されることもある。
この主張に基づいて、この曲の題名においては、作詞・作曲を手掛けた小椋が妻である「佳穂里(かほり)」氏に宛てた愛の賛歌であり、美しいシクラメンを妻に見立て、妻の名「かほり」を付けたことからこの表記が使われたと推測する説がある。
ただし、契沖以降の仮名遣いでは確かに「かをり」が正しいとされているものの、それ以前にスタンダードだった定家仮名遣では「かほり」が正しいとされており、必ずしもこの表記が誤りであるとは言えない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%BB%E3%82%8A

※(日本語)「音韻変化」『問題』
軽々しく「何が正しい」とは言えない「例」
「正しい日本語」とは何exclamation & question

|

« 『琉球弧』の悲哀 | トップページ | いつまでも在ると思うな~ハンク・ジョーンズ »

『インエフの日常』2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『琉球弧』の悲哀 | トップページ | いつまでも在ると思うな~ハンク・ジョーンズ »