« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

「同質の理」

―ブラームス 交響曲第三番第三楽章―
これ以上持ちきれぬ夜は<悲しさ>にそれ以上の<哀しさ>で答う


この歌は、そう、丁度20年前、
1990年の3月30日の「あること」が引き金になって、
私、しばし、「脳内短歌状態」
になった時に作ったものである。

当時、私は、高校の同級生・S川君と『SOS』と言う「同人誌」をやっていて、
その「第14号」に、「歌集」と言うことで載せた、その一首なのであった。
勿論、こんなに「歌が生まれた」のは、生まれて初めてのことであった。
それが何故「短歌形式」だったのか、、、と言う、、、。

『歌境の時』(159首)
『歌が生まれる時―『歌境の時』ノート』

上記「歌集」の、
Ⅶ. 『三月の桜』~Mさんの非在に対(むか)いて
所収。

「この辺の事情」を語っていくと長くなるので、後日を期したい。

で、日記の「タイトル」である。

この言葉を、初めて聞いたのは、先ほど調べたら、08年2月17日だった。
『N響アワー』に、日野原先生が出た時である。
そこで、どう言う「流れ」からかは忘れたが、、、
氏が「同質の理」と言う言葉を提出されたのだった。
「悲しい時には、敢て、また悲しい曲を聴くと、人は癒されるのです」
ま、そう言うようなことをおっしゃっていた。
このことは、私に引き付けて振り返っても、非常に頷けるものであった。

掲載歌は、ブラームスだが、
ある時は、ユーミンの、例えば、
『青春のリグレット』
だったり、
『夕闇をひとり』
だったり、、、。
(ユーミンには、かなり「お世話」になって(救われて)いる)

クラシックに戻ると、
今回、ある方へのお悔みの中で、
この「同質の理」のことを書き送ったのだが、
この度、咄嗟に浮かんだのが、
モーツァルト:『アヴェ・ヴェルム・コルプス』(まことのお体)
なのであった。
この曲は、モーツァルトの「晩年」(死の年だ)、
亡くなる半年ほど前に書かれた、正に「絶唱」と言うに相応しい、
しかし、たった「46小節」の、正に珠玉の小品だ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B9

私は、この曲を、小学校の合唱団時代(4~6年)に歌った。
(ラテン語原語に「カタカナ」を振った楽譜で)
当時のN先生、よくぞ、この曲を取り上げて下さったものだと思う。
あの当時にして、
「何か、とてつもなく、深く、凛とした『祈り』」
と言うか、
言うなれば、「存在の哀しさ」とでも言うような「何ものか」に「触れた」のだ。
この体験は、ある意味で、私にとって、非常に重要な「原体験」だったのだと、
今にしてみると判るのである、、、。

| | コメント (0)

スケジュール「更新」

毎日、何かしら(店的には)、
「スケジュールは更新」されているのですが、
この数日で「確定」した、主だったところをピックアップして書いておきます。
(あるいは、ミュージシャンサイトに「インフォ」がUPされたので、、、)

※「ご予約」は、どこかで「インフォ」が流れた時点から、お受けいたします。
ご来店の「メド」がついてから「ご予約」を入れて下さい。
「見込み予約」は、ご遠慮願います。

4月26日(月)
林正樹(p)西嶋徹(b)
※「duo」に「確定」 
「エフのピアノぴかぴか(新しい)で林正樹を☆」
是非、聴いていただきたいところです。

5月18日(火)
『駄目おやじスタンダード・セッション』
音川英二(ts)松井秋彦(p)岡田治郎(b)嶋村一徳(ds)

8月24日(火)
常味裕司(oud)吉見征樹(tabla)壷井彰久(vn)喜多直毅(vn)
※『つねみよしみ』&『vn2トップ』と言う構図。
「アラブ音楽」をやります。
「2トップ」のお二人は、ある意味で、常味さんの『門下生』とも言えます。
(「アラブ音楽」の教えを受けた(受け継いだ)、と言う意味で)

他にも「新規(更新)ブッキング」色々とありますが、
詳細は、「トップページ」~「スケジュール」参照して下さい。

あるいは、『in F』(インエフ)コミュ、にて。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=129789

以上、よろしくお願いします。

皆様のお越しをお待ちしております。

店主拝

| | コメント (0)

2010年4月22日 (木)

(大泉・移転)『記念日』(12周年)でした。

Cimg2926
おかげさまで、干支が回って、また「この日」を迎えました。 
オープンは、1998年4月19日でした。 

改めて、この日まで、大病、大怪我なくやってこれたことに「感謝」です。 

この間、 
素晴らしい演奏を展開してくださったミュージシャン、 
いらしてくださったお客さん、 
そして、「関係者」の皆様に、 
心から御礼申し上げます。 
ありがとうございました。 

これからも、ご指導、ご鞭撻のほど、
よろしくお願いいたします。 

皆様に良きことがありますように☆ 

店主拝

| | コメント (0)

ゴールキーパーの服の色がシュート成功率を左右、赤は極端に低い結果に。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=84&id=1180023

ウーム、、、そうなのかぁ~。 

それにしても、「成功率」は、フツー「8割」(あるいは、それ以上)くらいじゃないのか? 

ともあれ、ドイツは強いんだ☆PK戦手(グー) 
※ワールドカップでは、ドイツ(西ドイツ)がPK戦に4戦4勝! 
逆にイングランドは3戦全敗。 

ちょっと前の「話」だが、 
(ドイツが「チーム戦術(作戦)」として) 
「GKに出していた指示」が、これ。 

「1本目は、『右』に飛び、2本目以降は、全部『左』に飛ぶ」 
と言うもの(その逆だったかな) 
どういう「根拠」で「そう」なのかは書いてなかったが、 
ウーム、、、と言う感じであった。

| | コメント (0)

41年ぶりの雪~そして、キース

Cimg2907
某ニュースサイトより。
「1969年4月15日に東京で27・2度まで気温が上がり、2日後には2センチの積雪を記録した。」
「30年に1回の強い寒気が日本付近に押し寄せている。」
とも。

「春の雪」からの連想電球
1974年(?)の4月だったか、
登校しようとして、スニーカーでアパート出たら、、、雪
靴が即グジョグジョになった覚えが。

1974年と言えば、キース・ジャレットが(いわゆる)『アメリカン・カルテット』で初来日した年だ。
(デューイ・レッドマン。チャーリー・ヘイデン。ポール・モチアン)
「師匠」と初めて「対面」した(観た!聴いた!)年でもあった。
冒頭、いきなり、キース、ナンダコリャ的フレーズのソプラノ・サックス吹きならしながら登場。
そして、やおら、全員登場→ド・フリー衝撃の嵐。
その後、、、細目はほとんど、、、忘れた(^_^;)~アルツ(トホホ)

その日の公演だったか、別の日だったかをFMでやった。
それを阿佐ヶ谷の四畳半で震えながら聴いていた覚えがある。
「冬」だったのだと思うが、、、もしかして、あれも4月!?(か、3月)

| | コメント (0)

2010年4月13日 (火)

「ハチ」&「ハエ」~当世「受粉事情」

先日の某「N」局ニュースより。

「窃盗」
文字通りです。
警察から、養蜂業者に、
「巣箱に鍵を!」
等の「指導」がなされている。
云々。

「代替」
「ハエ」です。
そう言う「純粋培養(?)」のハエを農家に売る「商売」(業者)あり。
云々。

いずれも、「みつばちの減少」から来る事例、とのこと。

関連本として、
例えば、以前私が「日記」に出した、この本↓とか。
『ハチはなぜ大量死したのか』
ローワン・ジェイコブセン著(文藝春秋)
http://ep.blog12.fc2.com/blog-entry-1417.html

ちなみに、この本を知ったのは、甲野先生のサイト。
http://www.shouseikan.com/index.html

最近の(3月分)甲野先生の日記(『随感録』)には、必ず「ミツバチ」が出て
きます。
http://www.shouseikan.com/zuikan1003.htm

私、「ハチミツ」を食す(&塗る)だけでなく、
飼おうかと思っている今日この頃。
多分「静か」にしてると思いますが、、、。

| | コメント (0)

「目印」変わりました☆~『ローソン・100円店』です!

Cimg2804
4月8日、オープンいたしました富士山
(敢て「実名」出します!目印なんで)
『ローソン・100円店』
隣の工作員(?)店主です。

『7~』が撤退して一月あまり、、、。
「店舗募集」的な張り紙もなく、不気味な静けさなままだった「その跡地」
何より、先ずは、このあたりが、文字通り「暗い」新月
そして、「目印」がなくなってしまい、
通り過ぎて行った人あまた。
(は、大げさですが、まじで複数人あり)

数日前から「それ」と判っていましたが、、、
遂にオープンぴかぴか(新しい)
で、「15分後」に行って来ましたあせあせ
(あと「2回」。都合「3回」も出没。おいおいたらーっ(汗))
朝の7時、ちょい過ぎにも関わらず、なんだか盛り上がっております。
「人・人・人」
年齢層、なにげに高いです☆
「この周辺」、どこにこんな「人」が居たのかexclamation & questionって感じです。
あと二回も、レジ3箇所、フル回転!でありました。
以上、実況レポでした。

『ロ~100円店』
大泉にも、もう一店舗あるので(ま、各地にも色々)知っていましたが、
「コンビニ」と言うより、ほぼ「スーパー~」のノリですね。
これでは、『7~』撤退後、ちょい盛り上がっていた、
その先の(スーパー)『テ○○』、危ないですバッド(下向き矢印)
(でも、がんばってね☆)

以上、東大泉3丁目「スーパー事情」でしたコンビニ

※「当店の目印」
『7~』→『ローソン』に変更よろしくです。

カメラ
オープン数日前。
手前の積んである、
「販促備品」
の箱が気になる店の前、
の、静かな慌しさ、、、。

| | コメント (0)

2010年4月 6日 (火)

『太黒山』~春場所一日限定興行☆の巻

Cimg2800
4月2日
『太黒山』(おおくろやま)
太田惠資(vn)
黒田京子(p)
山口とも(per)
※『季節の「おおくろやま」~春場所』

冒頭、
太田さん、さらりと「季節のうた」を、、、
♪はるがきた はるがきた どこにきた~
♪はるの おがわは さらさら ながる~
(語気が強まり)~さらさら いくよ
じゃないのです!
「口語」にするように、って、変えられたんですよ~!
だから、戦後の国語教育は、、、。
と「アジ」口調で、「戦後国語教育」を叱り付けました。
冒頭から、荒れています!
「春の嵐」状態と「連動」するかのように。
でも、顔は笑っています、、、。

※調べてみると、この歌、「その部分」は、意外にも、戦前から「口語」に直されていたようですね。
はじめて知りました。「歌物語」は、結構色々ありますよね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E3%81%AE%E5%B0%8F%E5%B7%9D

「2nd」では、
「局面3」から(全て「即興」なので、こう言うしかないのです)
『アイ・リメンバー・エイプリル』
をさりげに、黒田さん弾き始めたり、、、。
にくいです☆

あと、これも「春」の流れから、
『ジュ・テ・ヴー』(あなたがほしい)
もありましたね。
これは「タイトル」(に連動)と言うより、
太田さんの「即興詩」(「うすももいろの春風が、、、」)
に誘われ(?)思わず(?)黒田さん「春だわ~」
の「雰囲気(ムード)」に「連動」(?)して(?)な感じ。
※「?」ばかりですみません、、、。

ま、こういう、さらりとした「引用」(パロディ)が、黒田さん、上手いと言うか、
なかなか気が抜けません(^_^;)

ある時などは、太田さん、即興リーディングで、
「おれは孤独だ。云々」
と始めたら、すかさず
『ソリチュード』
とか指でOK
ま、太田さんも負けず劣らずな「引き出し」ですが。
(とりわけ「クラシック系」がさりげに凄い!)

しかし、です。
最後に「持っていく」のは、やはり、ともさんなんです。
だって、共演者二人が、
ともさんの「パフォーマンス」に、「何事か!?」って、
文字通り、息を呑んでみつめ、みまもり、
「演奏不可」になっちゃうんですから。

最後は、何故か(意味不明です)
『おおブレネリ』→『剣の舞』
で「着地」
かくして『春場所』は、無事(と言うのかあせあせ)「千秋楽」と相成りました。
(1日しかないのに、、、)

『夏場所』は、
「7月21日」
に開催されることになりました。
「1日限定興行」ですので、お見逃しなきよう。
皆様の賑々しいお越しをお待ちしております。

勧進元・えふ拝

| | コメント (0)

2010年4月 1日 (木)

3月のスケジュール

1(月)森下滋(p)ソロ♪(22)
2(火)不破大輔(b)室舘彩(vo)中島さち子(p)立花秀輝(as)♪(30) 
3(水)オオタマル(7弦g)ソロ♪(25)
4(木)柳家〆治(落語)独演会♪(20)
5(金)伊藤大輔(vo)阿部篤志(p)♪(28)
9(火)外谷東(p)後藤匠(ts)宮田伸一(b)♪(25)
10(水)電球林正樹(p)土井徳浩(cl)♪(28)
11(木)山田穣(as)阿部紀彦(p)嶋友行(b)正清泉(ds)♪(30)
12(金)『impromptu』深町純(p)佐藤正治(ds)♪30)
13(土)『ジャム・セッション』(ヴォーカルも可)坂本千恵(p)店主(b)♪(15) 
※毎月第二土曜日。7時スタート。
14(日)木村秀子(p)西田けんたろう(vn)土村和史(b) ※7:30スタート
15(月)電球坪口昌恭(p)服部正嗣(ds)♪(28)
17(水)電球森下滋(p)坂上領(fl)伊藤ハルトシ(vc、g)♪(28)
18(木)電球高瀬“makoring”麻里子(vo)黒田京子♪(28)
19(金)電球会田桃子(vn)一噌幸弘(能管、笛)青木菜穂子(p)北村聡(bn)♪(30)
20(土)shezoo(p)小森慶子(sax、cl)壷井彰久(vn)岡部洋一(per)♪(30)
21(日)TOYONO(vo)渡辺剛(p)八尋洋一(b)伊達弦(per)♪(25)
22(月)坂本千恵(p)岩佐真帆呂(sax)川本悠自(b)三科武史(ds)♪(23)
23(火)電球喜多直毅(vn)黒田京子(p)蜂谷真紀(vo)♪(30)
25(木)電球阿部篤志(p)山本玲子(vib)♪(25)
26(金)電球カルメン・マキ(vo)佐藤芳明(acc)岡部洋一(per)♪(35)
27(土)3月の『酒の会』 ※「ジャズ・バー」営業で「日本酒を楽しむ会」です。
29(月)佐藤芳明(acc)北村聡(bn)♪(28)
30(火)電球墨之江ユキ(vo)福島久雄(g)立岩潤三(per) ♪(25)
31(水)電球新澤健一郎(p)鬼怒無月(g)♪(28)

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »