« キム・ヨナも『in F』なのだ! | トップページ | 3連休の「顛末」 »

2010年3月 8日 (月)

「加山雄三」「夢は夜ひらく」「武満徹」

「三題噺」になってしまったが、
「流れ」としては、実際「こう」だったのだ。
、、、そして、最後は、ひれ伏し☆

※この「三題」で、「この」映画のタイトルが浮かんだ方は、そうとう「キ」てますね。

昨日、「飛び込み」でチャンネルをひねると
(文字通り「昭和」な表現ですがたらーっ(汗)
今は、(リモコンを)押す。オンにする。とか)
司葉子とその夫との食事シーンが。
妊娠中の妻に、「ボクはもういい。さぁ、君もっと呑めよ(と、ビールを注ぐ)」
って、いいのか、、、。
そして、
草笛光子。
そして、ややあって、
「加山雄三」(会社員)登場。
「清楚」(司)&「フレッシュ」(加山)って感じ。
でも、その時、彼らは、「33才」「30才」
司など、20台半ばくらいに見える。

司葉子と加山雄三が喫茶店で会うシーン。
バックに流れているのが、なんともチープな「夢は夜ひらく」
(キーボード・ソロ。サポートいたかな?詳細不明)

なんの予備知識もなく観たのだが、
「1960年代」と言うのはなんとなく判った。
で、「その歌」が出たことにより、
「そっかぁ~、67、8年だな」
と(勝手に)特定。

それは「正解」だったのだが、
しかし、後に、私の「記憶違い」も「判明」
と言うのは、
私の中の『夢は夜ひらく』は、藤圭子のそれであり、
リリースされたのは、60年代末、ではなく「1970年」だったのだ。
(『圭子の夢は夜ひらく』として)
※『夢は夜ひらく』↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A2%E3%81%AF%E5%A4%9C%E3%81%B2%E3%82%89%E3%81%8F

そして「武満徹」なのだが、
今日、この映画(『乱れ雲』)を調べていたら、
「音楽」、なんと「武満徹」との記述が衝撃
その辺の、いわゆる「スタジオの人」がやってんのかな、って思ってたんで、、、
武満さん、失礼しました~あせあせ(飛び散る汗)

フツーの喫茶店のBGM、そんなに「げ~じつ的」な音楽は要らないわけでして(もぐもぐ)
それにしても、安っぽい、ほんとペラい演奏で(初期の、いわゆる「アナログ・シンセ」?)
でも結構「らしく」て「ツボ」でしたよ☆

※冒頭から、15分後から観始め、そして、その後、45分くらいで席を立ったので
(「時間〆」的野暮用のため)、これ以上の「論評」は避けることに。
あとでじっくり観ますから(って、誰にあやまってんだ)

以上、本日の「三題噺」は、これにて。
おあとがよろしいようで、、、。

|

« キム・ヨナも『in F』なのだ! | トップページ | 3連休の「顛末」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キム・ヨナも『in F』なのだ! | トップページ | 3連休の「顛末」 »