« 「加山雄三」「夢は夜ひらく」「武満徹」 | トップページ | 丸山眞男と漱石、そしてジャレット »

2010年3月10日 (水)

3連休の「顛末」

Cimg2566
3月6~8日 
はい、「公表」(スケジュール)通り、休んでいました。 

それは「3・7『集会』」に焦点を合わせた「気合?休暇」でありました。 
その「集会」とは、、、。 
無念にも、ちょっと先に「あちら」に行ってしまった、 
ジャズ研の同輩(学年同じ。年は2つ上) 
横山涼一君を(ジャズ研の同士・有志で)「送る会」でした。 
※昨年の10・18の日記参照。 

前日は、「酒」を抜き、 
当日は、「酒」を浴び、 
翌日は、「酒」を抜き、 
と言う「予定」でした、、、。 

「予定」は「未定」 
人生、一瞬先は闇(と言いますか) 
瞬間瞬間「何」が起こ(来)るか判らないのが「世の常」です。 

「3・7」も日が落ち、、、。 
店で、のんびり「事務(片付け的)仕事」をしていると、 
正に、文字通り、突然の「襲撃」衝撃を受けました。 
北海道は北見在住、2年後輩のドラマーY君でした。 
(横山君の家に、線香を上げて、その足で来たとのこと) 
ならば「呑む一手」でしょうビールとっくり(おちょこ付き) 
「名盤・珍盤大会」炸裂☆しつつ、 
結局、5合以上、日付が変わるまで呑んだわけです。 

で、肝心の「当日」 
1時、大久保某所に参戦! 
ちょっと酒残ってますたらーっ(汗) 
「ご家族・お弟子さん」入れて、ほぼ「30名」ほどの「集会」でした。 
考えてみると、「部員」は最年少でも「50」越えてます。 
当時(1972~77年入部)の若者も、今やいい「おっさん」「おばさん」になりました。 
お疲れ様です。 

そんなわけで(!?)話を聞くと、 
皆「様々な人生」で、ビックリしてしまいます(「体」に絞ってですが) 
(「患った」「患っている」) 
「クモ膜下出血」 
「脳梗塞」 
「解離性大動脈瘤」 
「(原因不明)手足痺れ系難病」 
「咽頭癌」 
他数件(名) 

ともあれ、それぞれ、 
「涼ちゃん」「横山さん」「横山」 
の「思い出」を語りつつ、 
演奏も、半数以上が参加してくれて、静かに盛り上がりました。 

ちなみに、今日のベースは、彼が「再起を期して」 
亡くなる半年前くらい前に購入したものです。 
彼の「無念」を想います、、、。 
心して弾かせてもらいました。 

と言うことで、「4時間」は、文字通り「アッ」と言う間で、一応散会。 
で、『○○○茶屋』→『○○屋』 
最後は、翌未明に、「初日」のドラマー、結局二人して、夜の大久保・新大久保を彷徨い、、、 
『○○屋』で、ビール呑んでラーメン食して(体的には最悪コースですね) 
ご丁寧に、「そこ」に「忘れ物」をしつつ、、、バッド(下向き矢印) 
シータクで帰って来ました。 

で、「翌日」は、ゆっくりするはずが、 
その「忘れ物」のために、またもや、そちら方面「再訪の旅」に相成りました。 
しかしです。 
なにしろ、「そこ」が「どこ」だったのか、ほとんど記憶がないのです、、、。 
店のたたずまいとカウンターのみを頼りに、大久保近辺を(新宿近くまで)徘徊。 
また、新大久保まで戻り、、、ふと路地を見ると(良くそこに有ってくれました!) 
なにやら「その匂い」が。 
(角から2軒目で、通り沿いから、店内は見えない) 
そこのおやじさんに聞くまで、半信半疑。 
でも「ロン!」でした。 
「リーチ~ラス牌ハイテイツモ」みたいな感じでした手(チョキ) 
人間「あきらめ」てはいけないですね。 
『ネヴァー・ギヴ・アップ!』 
また一つ教わりました。 
でも「失われた夜」でもありました。 
ま、これも、一種の「社会見学」(店主感覚で、一軒一軒、店の「様子」観て歩いていました) 
「人生勉強」と思えば、貴重な一夜、、、と「プラス思考」で行きましょうか。 

かくして「3連休」は過ぎて行ったのでした、、、。 

|

« 「加山雄三」「夢は夜ひらく」「武満徹」 | トップページ | 丸山眞男と漱石、そしてジャレット »

『インエフの日常』2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「加山雄三」「夢は夜ひらく」「武満徹」 | トップページ | 丸山眞男と漱石、そしてジャレット »