« 2月序盤「解題」 | トップページ | SWとMJ »

2010年2月 1日 (月)

『ウィ・アー・ザ・ワールド』

マイケルに誘われて、25年、再び、、、。 

「歌の力」手(グー)がここにある。 

「(参考)訳」 
今こそあの声に耳を傾けるとき 
今こそ世界がひとつとなるとき 
人々が死んでゆく 
いのちのために手を貸すとき 
それはあらゆるものの中ですばらしい贈り物 

これ以上知らない振りはできない 
誰かがどこかで変化を起こさなければ 
僕らはすべて神のもと、大きな家族の一員 本当さ 
愛はすべての人に必要 

僕らは仲間 僕らは地球の子供たち 
明るい明日を作るのは僕らの仕事 
さあ始めよう 
選ぶのは君だ 
それは僕らのいのちを救うこと 
本当さ よりすばらしい世界を作るのさ 
君と僕で 

心が届けば支えになってあげられる 
そうすれば彼らも強さと自由が手に入る 
神が石をパンに変えて示したように 
そう僕らも救いの手をさしのべるべきなんだ 

僕らは仲間 僕らは地球の子供たち 
明るい明日を作るのは僕らの仕事 
さあ始めよう 
選ぶのは君だ 
それは僕らのいのちを救うこと 
本当さ よりすばらしい世界を作るのさ 
君と僕で 

見放されたら何の希望もない 
負けたりしないと信じることが大切 
変化はきっと起きると確信しよう 
僕らがひとつになって一緒に立ちあがるとき 

僕らは仲間 僕らは地球の子供たち 
明るい明日を作るのは僕らの仕事 
さあ始めよう 
選ぶのは君だ 
それは僕らのいのちを救うこと 
本当さ よりすばらしい世界を作るのさ 
君と僕で 

〔後記〕 
【ウィ・アー・ザ・ワールド(We Are The World)】 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89 
2010年1月12日に発生したハイチ地震による被災者支援のため、クインシー・ジョーンズとライオネル・リッチーが同年2月1日に再レコーディングを計画している。レコーディングは当初、この曲が25周年となる同年1月28日に予定されていたが、より多くのアーティストの参加を募るため、同年2月1日に開かれる第52回グラミー賞授賞式後に、ロサンゼルス市内にあるスタジオで行われる。新たにナタリー・コール、アッシャー、ジョン・レジェンドを始めとするアーティスト達がこのレコーディングへの参加を決定している。 

【USAフォー・アフリカ(USA for Africa, United Support of Artists for Africa)】 
http://ja.wikipedia.org/wiki/USA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB 
「United Support of Artists」のイニシャルとアメリカ合衆国の略称とのダブルミーニングで「USAフォー・アフリカ」 


♪自己レス的に。 
「2・1~再レコーディング」 
のことは、全く知らずにこれを書き記しました。 
『We Are The World』 
このところ、マイケルに誘われて、 
「スティーヴィーとマイケル」の「関係」を(今更ながら)調べていて、 
(と言うか、ま、「自己確認」的に) 
「その流れ」で、「『これ』があるじゃん」電球と思い至り、 
この歌のことは、ちょっと前から、書こうと思っていたのです。 
(なので、私的には、思い立った(書く)「時系列」が「前後」しています) 
「偶然」ですが、、、 
「何か」に導かれたのか、、、。 
自分でもビックリしています。 
今日じゃないですか衝撃

|

« 2月序盤「解題」 | トップページ | SWとMJ »

『インエフの日常』2010年」カテゴリの記事

動画~ポップス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2月序盤「解題」 | トップページ | SWとMJ »