« トリ☆2009 | トップページ | 観た映画2010 »

2010年1月 3日 (日)

読んだ本2010

1月
『訓読みのはなし~漢字文化圏の中の日本語』笹原宏之(090611)

2月
『J・S・バッハ』磯山雅(90☆☆☆☆1020?)
『江戸巨大都市考』北島正元。南和男(91☆☆☆0601?)

3月
『丸山眞男 音楽の対話』中野雄(99☆☆0120?) ※2冊買っている、、、。
『世界がもし100人の村だったら』池田香代子・再話。ダグラス・スミス・対訳(01☆1221)

4月
『ピアニストが見たピアニスト』青柳いづみこ(100303)
『食の世界地図』21世紀研究会編(04☆0619)
『志ん朝の走馬灯』京須偕充(100303)
『犬の足あと 猫のヒゲ』武田花(100403)

5月
『日本語教のすすめ』鈴木孝夫(100403)
『江戸の暮らし』(091025)

6月
『戦争の世紀を超えて』姜尚中。森達也(100403)
『小鳥はなぜ歌うのか』小西正一(94☆☆☆0521)
『フットボールネーション』大武ユキ(100620)
『大往生事典~作家の死んだ日と死生観』佐川章(00☆☆0708)

7月
『イエス』船本弘毅(100215)

8月
『天皇の玉音放送』小森陽一(080816)
『在日』姜尚中(080816)

9月
『戦後日本は戦争をしてきた』姜尚中。小森陽一(100901)
『母(オモニ)』姜尚中(1009003)
『聖地エルサレム』月本昭男(091025)
『身体を通して時代を読む~武術的立場』甲野善紀。内田樹(100904)
『水木サンの幸福論』水木しげる(100924)

10月
『ゲゲゲの女房』武良布枝(100927)
『文士と姦通』川西政明(03☆0403)
『古代仏教の世界』宮元啓一(90☆☆☆☆?)
『日本語は敬語があって主語がない』金谷武洋(100927)
『言葉と文化』鈴木孝夫(90☆☆☆☆?)
『日本語の個性』外山滋比古(90☆☆☆☆?)
『長生きしたければ朝食は抜きなさい~「甲田式健康法」とは』東茂由(101018)
『悩む力』姜尚中(100916)
『ことばを失った若者たち』桜井哲夫(87?)
『冒険者カストロ』佐々木譲(100624)

11月
『断食・小食健康法~宗教・医学一体論』甲田光雄(101030)
『僕の昭和歌謡史』泉麻人(03☆0803)
『盤上の海、詩の宇宙』羽生善治。吉増剛造。(97☆☆1009)
『身体能力を高める「和の所作」』安田登(101014)

12月
『振仮名の歴史』今野真二(101207)
『日本語の歴史』山口仲美(101207)
『ん~日本語最後の謎に挑む』山口謡司(101210)
『日本語の奇跡~<アイウエオ>と<いろは>の発明』山口謡司(01207)
『酔いがさめたら、うちに帰ろう』鴨志田穣(借り)

※以上「42冊」

|

« トリ☆2009 | トップページ | 観た映画2010 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トリ☆2009 | トップページ | 観た映画2010 »