« 満遍なく | トップページ | 11月のスケジュール »

2009年11月24日 (火)

チャイ5

11月15日
pm2:00開演
中央フィルハーモニア管弦楽団 第58回定期演奏会
指揮:大井剛史

ドヴォルザーク/『アメリカ組曲』
同/交響詩『真昼の魔女』
チャイコフスキー/交響曲第5番ホ短調作品64

@杉並公会堂・大ホール

※開演勘違い、出遅れ、バス遅れ、で「チャイコ」のみ(だめじゃん)

ほぼ一月前に(葬儀で)降りた荻窪。
重なるときは重なるもので、本日もまた、駅手前の同じバス停で降りる。

高校の同級生が、ヴィオラで参加しているオケを聴きに行く。
プログラムをめくると、その同級生T君が、「事務局長」から「団長」になっていて、「ご挨拶」を述べいたのに、先ずビックリ!

そして、後半の開幕。
チャイコフスキーの5番である。
「業界」では「チャイご」とか言うのかな。
「(クラシック)短縮形」を聞くと、なかなか新鮮で面白い。
「メンコン」とか「チャイコン」は、良く聞くが、
でも、それって「ピアノ?」「ヴァイオリン?」って思ってしまうのは私だけ?

『死と乙女』を、(ヴァイオリンの)ももちゃんが「しおとめ」って短縮したのには、なるほどと感心しつつ、けっこう笑えた(^_^;)
「しおとめ」かぁ~。

前にも書いたけど、ブラームスはちょっとびみょ~。
「ブラいち」とか「ブラさん」とか、、、。
「知らない人」が、脈絡なくいきなり聞いたら、、、あせあせ(飛び散る汗)

ブルックナーの、「ブルはち」とか「ブルよん」も、最初はちょっと抵抗があったな。
じゃ、マーラーは、ってなるんだけど。
「マラいち『巨人』」ってどうよ、ってたらーっ(汗)

ベートーヴェンは、『のだめ』で『7番』が「ベトなな(しち)」と連呼されて(?)結構「フツー」になったけど、
じゃ、「ベートーヴェン・チクスル(コンサート)」って「ベトコン」かよ(古い!)、ってなっちゃう。
「ベトちゃん」(「ドクちゃん」)とか、、、連想は続くよ、どこまでも、、、。

モーツァルトはどうなんだろう。
「モツ~」なのか?
「交響曲(協奏曲。ソナタ)第2番」は「モツに」かぁ~とか。
くだらない連想は続きますが、、、ま、この辺で。

「本題」に入って、、、
この「チャイ5」
チャイコの中では、もしかして、一番ターンテーブルに乗せた曲かも。
(小6~高3の「新潟クラシック少年(青年)時代」)
その盤は、ストコフスキー指揮。ニュー・フィルハーモニー管弦楽団。
何故その盤を買ったのか不明だが、とにかく、当時は一枚のレコードをそれこそ、擦り切れるほど、何回も何回も聴いたので、この演奏が私のリファレンスになっている。
この頃は、最初の盤が「親」として、刷り込まれるのである。
今聴くと(もう、数十年聴いてないが)、物凄い「厚化粧」な演奏。
そして、大向こうを張る、と言うか、「いよ~、ストコ(屋)!」って掛け声が掛かってきそうな、、、。
いわゆる「大時代的」ってやつである。

この日の演奏だが、
細部にこだわれば、色々「きず」もあったが、ま、そんなことはいじゃないの、ひょーろんかじゃないんだから。
「今、ここで、この曲を、こうして聴けること」の「歓び」、その「かけがえのない時間」に感謝☆である。
「元ホルン少年」&「今弦バスおやじ」は、やはり「そちら」に眼が(耳が)行ってしまう。
(第2楽章の、ホルンソロは、ちょっと乗り移って、ヒヤヒヤしつつ、、、終わって「ふぅ~」とか)
基本的に、「低弦の人」「員外オケ」として参加しつつ、「チャイコ節」をたっぷり味わう。
いや~、最後やっぱり盛り上がりますね。
「コーダ」直前の「休止」(フェルマータ付き)で、拍手が来なくて、ホッたらーっ(汗)
私が心配しなくてもいいんだけどね。

スコア引っ張り出して、また聴き直そう。
「書き込み」があるんだけど、いつの(コンサートへの)「予習」で書き込んだのか、、、。
(もう、「アルツの彼方へ」である。情けなや)

店に、カラヤン~ベルリンPO(75年盤)のレコードがあった。
で、物足りないので、昨日図書館に行って、
アバド~ロンドンSO(70年)
小澤~ベルリンPO(89年)
バレンボイム~シカゴSO(95年)
の3種借りてきた。

アバド盤に、4と『悲愴』も入っているので、
久々に、『悲愴』のフルヴェン、メンゲルベルクも聴き直してみようか。
ちょっとした「チャイコ(チャイシン?)・マイブーム」到来である。

|

« 満遍なく | トップページ | 11月のスケジュール »

『インエフの日常』2009年」カテゴリの記事

コンサート&ライヴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 満遍なく | トップページ | 11月のスケジュール »