« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月24日 (火)

チャイ5

11月15日
pm2:00開演
中央フィルハーモニア管弦楽団 第58回定期演奏会
指揮:大井剛史

ドヴォルザーク/『アメリカ組曲』
同/交響詩『真昼の魔女』
チャイコフスキー/交響曲第5番ホ短調作品64

@杉並公会堂・大ホール

※開演勘違い、出遅れ、バス遅れ、で「チャイコ」のみ(だめじゃん)

ほぼ一月前に(葬儀で)降りた荻窪。
重なるときは重なるもので、本日もまた、駅手前の同じバス停で降りる。

高校の同級生が、ヴィオラで参加しているオケを聴きに行く。
プログラムをめくると、その同級生T君が、「事務局長」から「団長」になっていて、「ご挨拶」を述べいたのに、先ずビックリ!

そして、後半の開幕。
チャイコフスキーの5番である。
「業界」では「チャイご」とか言うのかな。
「(クラシック)短縮形」を聞くと、なかなか新鮮で面白い。
「メンコン」とか「チャイコン」は、良く聞くが、
でも、それって「ピアノ?」「ヴァイオリン?」って思ってしまうのは私だけ?

『死と乙女』を、(ヴァイオリンの)ももちゃんが「しおとめ」って短縮したのには、なるほどと感心しつつ、けっこう笑えた(^_^;)
「しおとめ」かぁ~。

前にも書いたけど、ブラームスはちょっとびみょ~。
「ブラいち」とか「ブラさん」とか、、、。
「知らない人」が、脈絡なくいきなり聞いたら、、、あせあせ(飛び散る汗)

ブルックナーの、「ブルはち」とか「ブルよん」も、最初はちょっと抵抗があったな。
じゃ、マーラーは、ってなるんだけど。
「マラいち『巨人』」ってどうよ、ってたらーっ(汗)

ベートーヴェンは、『のだめ』で『7番』が「ベトなな(しち)」と連呼されて(?)結構「フツー」になったけど、
じゃ、「ベートーヴェン・チクスル(コンサート)」って「ベトコン」かよ(古い!)、ってなっちゃう。
「ベトちゃん」(「ドクちゃん」)とか、、、連想は続くよ、どこまでも、、、。

モーツァルトはどうなんだろう。
「モツ~」なのか?
「交響曲(協奏曲。ソナタ)第2番」は「モツに」かぁ~とか。
くだらない連想は続きますが、、、ま、この辺で。

「本題」に入って、、、
この「チャイ5」
チャイコの中では、もしかして、一番ターンテーブルに乗せた曲かも。
(小6~高3の「新潟クラシック少年(青年)時代」)
その盤は、ストコフスキー指揮。ニュー・フィルハーモニー管弦楽団。
何故その盤を買ったのか不明だが、とにかく、当時は一枚のレコードをそれこそ、擦り切れるほど、何回も何回も聴いたので、この演奏が私のリファレンスになっている。
この頃は、最初の盤が「親」として、刷り込まれるのである。
今聴くと(もう、数十年聴いてないが)、物凄い「厚化粧」な演奏。
そして、大向こうを張る、と言うか、「いよ~、ストコ(屋)!」って掛け声が掛かってきそうな、、、。
いわゆる「大時代的」ってやつである。

この日の演奏だが、
細部にこだわれば、色々「きず」もあったが、ま、そんなことはいじゃないの、ひょーろんかじゃないんだから。
「今、ここで、この曲を、こうして聴けること」の「歓び」、その「かけがえのない時間」に感謝☆である。
「元ホルン少年」&「今弦バスおやじ」は、やはり「そちら」に眼が(耳が)行ってしまう。
(第2楽章の、ホルンソロは、ちょっと乗り移って、ヒヤヒヤしつつ、、、終わって「ふぅ~」とか)
基本的に、「低弦の人」「員外オケ」として参加しつつ、「チャイコ節」をたっぷり味わう。
いや~、最後やっぱり盛り上がりますね。
「コーダ」直前の「休止」(フェルマータ付き)で、拍手が来なくて、ホッたらーっ(汗)
私が心配しなくてもいいんだけどね。

スコア引っ張り出して、また聴き直そう。
「書き込み」があるんだけど、いつの(コンサートへの)「予習」で書き込んだのか、、、。
(もう、「アルツの彼方へ」である。情けなや)

店に、カラヤン~ベルリンPO(75年盤)のレコードがあった。
で、物足りないので、昨日図書館に行って、
アバド~ロンドンSO(70年)
小澤~ベルリンPO(89年)
バレンボイム~シカゴSO(95年)
の3種借りてきた。

アバド盤に、4と『悲愴』も入っているので、
久々に、『悲愴』のフルヴェン、メンゲルベルクも聴き直してみようか。
ちょっとした「チャイコ(チャイシン?)・マイブーム」到来である。

| | コメント (0)

満遍なく

11月14日
『ジャム・セッション』
坂本千恵(p)
店主(b)

いつもは、何故か(楽器)「偏ってしまうの法則(?)」があるのですが、
本日は、「ボーカル・4人」「ドラムス・3人」「ギター・2人」の他は、
フロント(tp、tb、ts、ピアニカ)、ピアノ、ベース、と満遍なく指でOK
おまけに「聴くだけ」のお客さんも。
と言うことで、
「7~80のキャパ」の店で「5~6人」なんてことを聞くこのご時勢、
程よい満席でした。
ありがたや!です。

何より、ベースがいらしてくれた事、助かりました。
S井さん、またお願いしま~す。
そして、改めて呼びかけます。
来たれベーシストよ!

そんなことを言ってるうちに、
早いもので、来月が「最後のセッション」になります。
ウーム、月日よ、、、走る人

| | コメント (0)

「出会い系」なんです、当店(うち)は、、、

Cimg1567
11月13日
阿部篤志(p)
松田美緒(vo)

べーちゃんの「バースディ・ライヴ」です。

前から「出会うべきだ」と思っていた二人。
べーちゃんへの素敵なプレゼントになりましたぴかぴか(新しい)

「楽曲」と「即興」、半々ナイトでした。
ピアノソロに続く、二人の「即興」の後で、美緒ちゃん、いきなり指でOKサインです。
この時点で、いきなり、この日の「盛り上がり」と「収穫」が予測確定です。

例えば、、、
『サマータイム』が、途中から『ウィンタータイム』になる即興アレンジに汗固まるですあせあせ
♪魚は凍り
お父さん職はなし
お母さん逃げちゃって
だから、私と一緒にいなさいね♪
って、ど~いう歌だよたらーっ(汗)

美緒ちゃん、「即興」は久々だったとのこと。
(当店では、鬼怒さんと、必ず炸裂させますが)
「降りて来る系」の歌(それも「ポルトガル語」で降りるんです)
また今日もたくさん生まれました。
正に「(歌が)産まれる時(現場)」に「立ち会い」ました。
当然、べーちゃんも「即興」(出たとこ勝負!)です。
(一曲、その場で書き留めてました(^_^;))

この日のお二人のブログです。
阿部篤志
http://blog.goo.ne.jp/be-chanpiano/e/f9b47519f4e6fb61845d836acbd5964b

松田美緒
http://miomatsuda.exblog.jp/10455785/

「そう言う出会いの場」になれて、素直に嬉しいです&光栄です。
またふくらましましょうねチューリップ

| | コメント (0)

「本年度ベスト○!」が出たか☆

Cimg1488
11月8日
壷井彰久(vn)
岡部洋一(per)

「世界初演」は、「世界最強」な「インプロ」になりました。
「きたもんがち」イエイ手(チョキ)

こんな「ケツ」(エンディング)が決まるインプロって、初めて聴きました。
かの「クロスオーヴァー」「フュージョン」系(のエンディング)もまっつぁおです。

「エンディング」だけではありません、当然「中身」も素晴らしいわけでした。
山あり谷あり、地球あり、宇宙あり、ブラックホールもありました新月
久々に「暗黒のつぼい」も観ました(聴きました)

やはり、「それ」を引き出した、岡部さん、グレイト過ぎ衝撃です。

帰り際に、壷井さんより「感謝の言葉」もいただきました。
店冥利に付きますねgood

かくして、

「店主ひらめきブッキング」電球の夜
は熱く熱く更けていきました、、、。

| | コメント (0)

「第三の道」~ムード歌謡の「そのまこりん」

Cimg1485
11月7日
高瀬“makoring”麻里子(vo、per、ukulele)
吉見“tabling”征樹(tabla、g、vo)

「私『フケロリ』って言われるんです」

「しっとり楽曲」から「ムード歌謡」(「そのまこりん」(園まり))まで、、、なんでもあり状態に富士山
「ウケるんであれば、何でも良いんです」
「これからは、路地裏を『流』して歩こうかなぁ~。吉見さんと。ねっ」
(『まこりん&たぶりん』誕生か(^_^;))

でもって、出ました!
ダブルアンコールぴかぴか(新しい)
静かなる爆裂☆楽しすぎた夜。

| | コメント (0)

「ポンス」「テクノ」そして「ジャズ」

Cimg1465
11月6日 
久住昌之(映像、g、vo) 
吉田隆一(bs、vo) 
Shake(p) 
栗木健(per) 
(予定乱入)佐藤浩秋(b) 

「1st」は『Projector Q』 
「久&吉」の爆笑・苦笑コンビで送る、久住さんの面白映像大会。 
旭川の「公募川柳」~「街中貼り」が超受けた富士山 
「あの女(ひと)が 来ると 話の花が散る」 
「なんかある 音痴の祖父(オジ)が歌うとき」 
とか、、、。 
凄いし、恐いし、、、正に「シュール」な世界たらーっ(汗) 
旭川万歳! 

「2nd」は、大歌謡大会。 
久住さんの(この日のために書き下ろし)「新曲」あり。 
吉隆さん(バリサク)を意識して、 
『声の低い女』 
そ~くるかぁあせあせ 
ほんとに低い音域でメロ作ってあって、(自分)シバるんだ、これが。 

対する吉隆さん、秘蔵(自作)歌曲で勝負! 
『ポンス(ズ)なの?』 
(「ポン酢」の考察。ポルトガル語と日本語を巡る「学術ソング」、、、か?) 
『テクノ大好き』 
(テクノ・ファンに激怒された、いわく因縁の「ピコピコ・はいぱー・テクノ・ソング」) 
一聴の価値あり☆ 
(二聴の価値は(^_^;)) 

『やっぱりジャズが好き』(久住) 
バリサクとベースがズ~ジャに炸裂衝撃 
久住さんも「モロジャズ」な人に指でOK 

「ここ(エフ)は修行の場ですから」(久住) 

| | コメント (0)

2009年11月21日 (土)

本日☆『二つの音色による実験的ソロコンサート』

Cimg1496
11月21日
黒田京子(p)ソロ。 

○友情出演:辻秀夫(調律師) 

時計7:00開演。 ※開演早いです。お間違いなくexclamation ×2 

「第一部」7:00~7:45 「ソロ」 

※この休憩中に「音色」を変える、ある操作(作業)が行われます電球 

「第二部」8:30~9:15 「ソロ」 

「第三部」9:30~   「ピアノよもやま話」(辻)&お客さんからの「Q&A」など。 

「チャージ」~「¥2500」+オーダー。 

遂にこの日がやって来ました。 
大げさではなく「空前絶後」のライヴになると思います。 
少なくとも、当店では、もうないか(な?)と。 

この日のために、某日(二日に渡って)、ハンマーのフェルト「全取替え」を敢行しました。 
一日目「12時間」 
二日目「4時間」 
の工程でした。 
(私も、一日目、ほんのちょっと、にわか「徒弟」として、お手伝いさせていただきました) 
当店のピアノ、進化しています、、、。 

本日は、黒田京子さんの当店久々のソロ!を味わうことは勿論ですが、 
(990730 以来、なんとジャスト「10年ぶり」になります) 
「ピアノのことをもっと知ろう」(ピアノはともだちハートみたいな) 
ということが「裏テーマ」になっています。 

既に、お陰さまで「座り満席」になっていますが、 
「当日」のお客様は、「立ち見」にて対応させていただきます。 
(あるいは、「キャンセル待ち」として、「空き」が出るかもしれません) 

それでは皆様のお越しを心よりお待ちしております。 

「予告・ハプニング」あり富士山 
さて、それは、、、? 
お楽しみに!
  

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

「師弟」(三島&川端)な日

Photo
『からっ風野郎』(1960)
三島由紀夫・主演

『千羽鶴』(1953)
川端康成・原作


【日本文学史関連事項】
『からっ風野郎』~主題歌
作詞:三島由紀夫(歌も)
作曲:深沢七郎電球
※この並び、かな~り「ぶんがく」してますダッシュ(走り出す様)
「ここ(You~)」で聴けますね。だからどうした的な、、、。
http://www.youtube.com/watch?v=xv5jXE0Zt48

【日本ジャズ史関連事項】
『からっ風野郎』~挿入歌(ナイトクラブ・シーン)
「♪黒いバナナくわえると~云々」(曲名不明。ご教示乞う)
水谷良重(21才)
※その割りに、なんだかすんごくおばさんなかんじ。
年逆算してクリビツ☆
「年齢不詳(苦笑?)」
よく言えば「大人の女」
「『女』の魅力満載(むんむん)」的な、、、。

Photo_2
『真夜中の恋のムード~お休み前の恋人に』(1960)
(なんとも、、、たらーっ(汗)なタイトル)
水谷良重 & 白木秀雄クインテット
(松本英彦・参加。他のメンツご教示乞う)
※封切と正にダブルタイミングな一枚。

| | コメント (0)

『心の日月』

Photo
原作:菊池寛 
「日月」(じつげつ) 
この言葉、単なる「月日」(の経過)だけではなく、 
「正義や道義」の意にも(ダブルイメージで)使っているものと思われます。 
(例:「日月地に墜ちず」~人が守らなければならない道義がまだ滅びていない) 

久々に「(主人公、二人に)乗り移って」観ました。 

冒頭(話の発端)は、「待ち合わせの駅」(出口2つ)で、「思い込み」から「行き違い」になる「二人」 
「逆サイド」でそれぞれ待つこと、5~6時間! 
(なぜ「それ」(出口が2つあること)に気付かなかったの?と言う「ツッコミ」はなしね。「話」ですから。 
そして、何より、当時は「ケイタイ」なんて無かったのです。
なので、現代なら「ありえない」話(^_^;)) 
そのことをずっと引きづり、、、 
でも、実はびみょうに「隣」(住まいも人間関係も)で暮らしつつ、、、 
やっぱり、なかなか会えず(行き違い、すれ違い)、、、な二人。 
(この「ジラシ」が、作り物と判っていても、リアリティーを持って、マジ焦れます。「もぉ~」って感じ。菊池寛、流石です) 

「事情」を知って、その二人の「出会い」を設定し「身を引く」、船越英二のセリフがまた泣かせるんです。 
(相変わらず、東口で待つ女。男は西口に。冒頭と同じ) 
「やはりこちらで待っておられましたね。 
あなたを待っている方は向こう側にいますから、、、。 
ではお幸せに」 

ラストシーンは、ようやく「そのことに気付いた」若尾が、 
東口から、回って、西口に「登って」行くのですが、 
男(菅原)を見つけた時の輝いている顔といったらぴかぴか(新しい) 
そして、ようやく会うことが叶い、万感の思いで手を取り合う二人。 
私も、思わず「そこ」に入って居て、もうクシャクシャ、、、。 

そのロケーションが、「飯田橋」と言うのがまた泣かせます。 
(「出口」が二つある駅なら、どこでもよさそうなものなんですが) 
私、「学校」があった関係上、 
「飯田橋」(「市谷」よりも)は、東京で一番乗り降りした「国鉄駅」なんです。 
それも「1954年」(公開)ですよ☆(私の生まれた年) 
この「偶然」は、「私に観ろ」と言ってるようなものですね。 
で、2回も観ましたよ☆ 

それにしても、みんな若い! 
若尾文子なんて、公開時「21歳」ですよ(撮影時だと「はたち」!?) 
もう、可憐で、美しく、、、なんともぼぉ~だ(ふぉん)揺れるハート 
菅原謙二(28) 
船越英二(31) 
高松英郎(25) 
他に(この人たちは若くはないけれど) 
水戸光子(35) 
高品格(35) ※チョイ役で気付かなかった。 
など。 

今のところ、未DVDにつき、下記の「観れる環境」のある方は是非☆ 
再放送今月まだあり。 
http://www.nihon-eiga.com/prog/002524_000.html 

最後に、 
時代を現す「セリフ」 
(前後の関連はありません) 
「ホントに失礼申し上げまして、、、」(水戸) 
「まぁ、存じませんもんで(見えなかったもので)」(若尾) 
「あたくし、来ましたわ」(若尾)

| | コメント (2)

リユニオン・ブルース

Cimg1453
11月4日 
鬼怒無月(g) 
坪口昌恭(p) 

2人で「ちゃんと」演るのは、10数年ぶりとのこと。 
しかし「つきあいこの道20年」「同い年」な2人。 
(数ヶ月、鬼怒さんが「お兄さん」だけど) 
「息」はバッチし! 
お互い随所に余裕の「にた~」ウインクあり。 

この日は「スタンダード(?)ジャズ・キド」に終始。 
「純粋ジャズ・ギター・ナイトは、一年に一遍あるかないか、です」(鬼怒) 

「(鬼怒)オリジナル」 
「インプロ」はな~し手(パー)(坪口提案、鬼怒却下☆) 
但し、坪口オリジナルは2曲。 
『モデルヌ・オランピア』 
『秋のSAKLA』(鬼怒ソロ『Quiet Life』所収) 

それにしても、 
『アワ・スパニッシュ・ラヴ・ソング』 
『スリー・ビューズ・オヴ・ア・シークレット』 
『レディス・イン・メルセデス』 
あたりは、ある「筋」だが、 
『ボディ&ソウル』 
『ハウ・インセンシティヴ』 
『ラヴ・フォー・セール』 
なんかが聴けるとは思わなかったよ~、ウーム、、、ナイト。 
(他に、渋く『ブラックベリー・ウィンター』) 

『ソーラー』で始まって、 
アンコールは 
『ブルー・イン・グリーン』 
おいおい『マイルス・ナイト』かいたらーっ(汗) 
(と言っても、後者は、マイルスの「提示コード」に、 
ビル・エヴァンスが作曲したもの、が「真相」のよう) 
その『ブルー・イン・グリーン』の余りの美しさに爆沈の巻~でした~。

| | コメント (0)

「ヴァイオリン三丁」の歴史

はじまりは、太田さんの「宣言」でした。
「来年『ヴァイオリン・サミット』やります!」
(言っておかないとやらないので。ま、シバリです)

050831 鬼怒無月。佐藤芳明。太田惠資。吉見征樹。
(「宣言」の日)

060119 太田惠資。壷井彰久。喜多直毅。
鬼怒無月。
(「初めの一歩」)

060407 太田惠資。壷井彰久。喜多直毅。
佐藤芳明。 

060720 太田惠資。壷井彰久。喜多直毅。
(「第一期」~一応「ピリオド」を打つ)

061220 『裏・ヴァイオリン・サミット』(あるいは『クラシック化計画・番外篇』)
(翠川敬基プロデュース。司会進行)
太田惠資。喜多直毅。会田桃子。
渡部優美。徳永洋明。千野秀一。

070510 『クラシック化計画・別動隊』(あるいは『裏・ヴァイオリン・サミット』)
&「翠川敬基・生誕記念日」
翠川敬基。
太田惠資。喜多直毅。会田桃子。
渡部優美。(1曲限定ゲスト)黒田京子。

070604 太田惠資。喜多直毅。向島ゆり子。
(「第二期」?)

070615 太田惠資。喜多直毅。会田桃子。

071211 太田惠資。壷井彰久。会田桃子。
翠川敬基。

071214 翠川敬基。
太田惠資。喜多直毅。会田桃子。
黒田京子。

090115 太田惠資。勝井祐二。壷井彰久。
(『新春ヴァイオリン放談(仮)2009』)

100106 太田惠資。中西俊博。喜多直毅。
(『新春ヴァイオリン放談(弾)2010』)

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

さらば「枝豆」

Photo 7月あたまから、4ヶ月に亘って、当店「裏人気メニュー」として君臨(?)した「枝豆」
その「枝豆」も、流石に季節には勝てず(って言うのか(^_^;))
この度「最後の出荷」&「売り切れ終い」と相成りました。
※まだ「終わり」ではないんですよ。あと「4人分」限定!

最後の品種は「丹波の黒豆」です。
(「時期」「品種」ともに、例年通りなんですよ。ただ、今年は、「最後の出荷」ちょっと早かった)
「甘さ」的には、他の品種を押さえて、ダントツの「1トップ」です☆

「枝豆」は、これで、来年の「その時期」まで、しばしのお別れです。
ちょっと寂しさ感は否めませんが、ま、「季節物」とは「そういうもの」ですから、、、。
(オールシーズンあったら、これもおかしいわけです)

「(表の)功労者」は、(育てて、朝もぎで、実家に売りに来られる)農家の方。
そして、「裏の功労者」は、
それを、即「クール宅急便」で毎回送ってくれた、母、です富士山
(1925年生まれ。おかげさまで「元気」でいてくれています)

改めて、「関係者の皆様」、お疲れ様でした~。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »