« 超弩級 | トップページ | 「超々弩級」から「超々々弩級」へ »

2009年8月12日 (水)

「弩級」から「超弩級」へ~「超」ノート

『ドレッドノート(HMS Dreadnought)』(1906年完成) 
イギリス海軍の戦艦。 
「ド級(弩級)」 
「超ド級(超弩級)」 
と言う表現は本艦に由来する。 

『オライオン級戦艦 (Orion class battleship)』(1912年完成) 
イギリス海軍が運用した最初の「超弩級戦艦」で、1912年から1922年まで用いられた。 
「超弩級戦艦」とは、「ドレッドノート」を超える規模の戦艦・巡洋戦艦。 
「スーパー・ドレッドノート・クラス」 
この艦の起工後にマスコミに情報が漏れてしまい、 
「ドレッドノート」よりも大型(13.5インチ/34.3cm)の砲を搭載した事から、 
「Super Dreadnoughts」と報道した事に端を発する。 
従って正式な「軍事用語」というよりは、「マスコミ用語」が起源である。 

なおこの「弩」は「ドレッドノート」の頭の音を取った当て字であり、 
現在でも「とてつもなく大きい」「もの凄い迫力」などを表現するのに使われる。 

(以上「ウィキ」からの切り貼り) 

※「超」ノート(覚書)

|

« 超弩級 | トップページ | 「超々弩級」から「超々々弩級」へ »

『インエフの日常』2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超弩級 | トップページ | 「超々弩級」から「超々々弩級」へ »