« 「世界」は広く、そして深い。 | トップページ | 小三治の夏2009 »

2009年8月12日 (水)

「Durch Leiden Freude.」

1248208932_991248208932_139 1248208932_231  このフレーズは、ベートーヴェンの有名な、 
「苦悩から歓喜へ!」 
なのですが、 
「山」を巡る、様々な感慨をこの言葉に重ねてみました。 
(帰りの列車で、たまたま『ベートーヴェンの生涯』(ロマン・ロラン)を読んでいて、このフレーズが出てきて電球) 

当初の予定とは、かなり変わり、 
『燕(つばくろ)岳』 
『槍ヶ岳』 
 
「山」で2泊。 

下山して、予定通り、単独行動にて、 
松本から、大糸線で「北細野」(無人駅!)まで行き、 
ジャズ研の同期のギタリストがやっている、 
『パンプローナ』(スペイン料理店)に出没ペンギン 
結局、2泊。 
昨日などは、全く予定外の、 
『いわさきちひろ(安曇野)美術館』 
探訪もありました。 
(5時間近く居てしまいましたグッド(上向き矢印)) 
なんせ、「店」から徒歩15分なんですよ。ご縁ぴかぴか(新しい) 

てなことで、 
先ずは、無事帰還のお知らせまで。 

取り急ぎ。 

※このフレーズも、「ご自愛下さい。」に引き続き!? 
結構「関係者」間で「使われて」いるらしくたらーっ(汗) 

カメラ 
4日の朝。 
中央の「三角山」が『槍ヶ岳』です。 
「超あっち~」にあります、、、。 
ほぼ「風景」です。 
あんなとこまでいくんかぁ~たらーっ(汗) 
って感じです。 

『槍ヶ岳』山頂まで「あと一時間!」な地点です。 
にじりよって来ました☆ 

「山頂」です富士山 
「歩けば着く!の法則」がここでもまた手(チョキ) 
「人間」って、けっこう偉い(やる~!)です。

|

« 「世界」は広く、そして深い。 | トップページ | 小三治の夏2009 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「世界」は広く、そして深い。 | トップページ | 小三治の夏2009 »