« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月23日 (木)

『湯上り娘』

Pict1058

枝豆「第二弾」が届きましたdash
その名も
『湯上り娘』

「第一弾」の『天が峰』に比べ、
豆(本体)が一回りぽってりとして、その分「味」が乗っています☆
なので「娘」と言うより、えっと~、もうちょっと、その(歯切れが悪い、、、)
ま、「ご婦人」と言う感じですね。

是非ご賞味下さい。

「茶豆」の予感も漂いつつ、、、。

※新潟では「だだちゃ豆」とは(殆ど)言いません。
なぜなら、
「だだちゃ」は、庄内地方の方言(「おやじ」「お父さん」)
だからです。

| | コメント (0)

2009年7月22日 (水)

「歴史」に間に合った!~『S&G』

090715

7月15日。
『サイモン&ガーファンクル』
@武道館


だって、丁度休みの日に、「追加公演」やるんだもん。
「行け」とばかりに~♪
(『津軽海峡冬景色』のメロで)

「私の at BUDOKAN」

1、『シカゴ』(73年)
2、ボブ・ディラン(78年)
3、スティーヴィー・ワンダー(82年)
4、同上(88年)
で、
5、『サイモンとガーファンクル』(09年)

思い出すまま、、、。
とすると、「11年ぶり」かぁ~。
ウーム、、、。

「予習」は、
(「7・9 名古屋公演」セトリ参照にして)
『~詩集』(シンコーM)
※購入日が「95年4・17」だった。ひょえ~

『ユタベ』
※「映像」はどうでもよくて、、、。「音」のみ。
ほとんどこれでカヴァー。

改めて、サイモンの「詩」に感銘を受ける。
当たり前だが、いずれも、(20代)「青春の詩」なんだよな。
それを「40年後に歌う」と言うこと、、、。

「歌の力」
「時の重み」
を感じながら聴いていた。

「時代」が「歌」(人)を
生んだのか、
「歌」(人)が「時代」を
刻印(つくった)のか、、、。

『明日に架ける橋』
意外に「サラリ」と聴けた。
泣き用にハンカチ握り締めてたんだけど。
ま「じゅわっ」とは来ましたが。

「70年代(青春時代)の確認の儀式」
また一つ終了。

「歴史」に間に合いました

※「書きたいこと」山ほどあれど、、、後日。
(書くのか書かないのか、、、)

ps.(メモ)
「東京ドーム」出没歴。
1、『ローリング・ストーンズ』(90年)
2、スティーヴィー・ワンダー(90年)
3、マイケル・ジャクソン(92年)
4、マドンナ(93年)

「スティーヴィー・ワンダー」拝観歴。
1、82年(武道館)
2、85年(後楽園球場)
3、88年(武道館)
4、90年(東京ドーム)
5、07年(さいたまスーパーアリーナ)

| | コメント (0)

当店「14周年」☆、、、「60回」「5周年」

Pict1031_3

「保谷」にて、立ち上げ。
1995年7月17日。
「工事」(完了)のめども付き、、、たまたま、切のいい月曜日に「設定」
そうしたら、
「コルトレーン」と「ビリー・ホリディ」の「命日」でした、、、。

『黒田京子トリオ』
「ユニット」の旗揚げ公演が、04年1・23。
(三人での「初演」は、「セッション」として、03年4・23に爆裂。
これが、「ユニット」へのプロローグ(発想)になっています)

それは、当初、「(04年)7・17」に向けた『ブラームス・プロジェクト』と名付けられていました。
(ブラームス:ピアノ三重奏曲第一番。全曲を演る☆)

1月から6月まで、毎月『トリオ』としてのライヴを演り、
その前に「ブラームスのリハ」をやる、と言う「しばり」が続きました。
「欠勤」「追加(自主トレ。約二名)」などもありつつ、、、。

そして、迎えた「7・17」 impact

で、以来、昨年までは、ほぼ「月一」と回を重ねて、
ふと数えてみると、、、
本日が「60回目」なのでした!

そして、04年の「7・17」
黒田京子さんの「要請」により、
調律の辻さんが、初めて、当店のピアノを調律して下さいました。
以来、ずっと、当店のピアノの「調律」に携わっていただいています。
「調律師」の仕事は、単に「音を合わせる」だけではありません。
本当に様々な箇所に渡る、目に見えない「仕事」があるのです。
(そして、その「仕事」に関する「創意工夫」のあれこれ)
ピアノ、そしてそれを弾く者(ピアニスト)への「愛情」がなければ、「それ」は出来ません。
本日は、その
「辻さんとのお付き合い・5周年」
でもあるのです。

「様々なこと」が、本日重なりました。
「そのこと自体」は、「通過点」に過ぎませんが、
ありがたいこととかみしめたいと思います。
「明日」に向かって☆、、、。

| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

「10番」対決!?

P1010037

7月20日。pm0~3時。
@『さくら運動公園・多目的広場』

「俺たち10番」 対決☆
ではなく、
私のチーム『FC大六フォンターナ』に、フルーティスト・RSさんをお呼びして、
一緒にsoccer蹴りました。

「3チーム対抗戦」
20分×2。
15分×2。

「主審」も一本やったので、もう「ボロボロ」です。
「もう一本」やったら、間違いなく「スネ」がつってましたね。
(私は、「スネ」が、何故か、つることが多いのです)

手が、顔が、文字通り「焼け」ました。
(ちょっとかゆいくらい、、、)

「一本」だけ「自画自賛」
ハーフウェイライン、手前(5m位)から、
絶妙な(我ながらちょっとビックリ)ループパスを前線に送り、
幻の「アシスト」を!
(GKと「一対一」を「演出」~but その選手はシュートふかす)

あと、相手シュートを、胸でブロックした☆
(至近距離5mimpact)
打つなよなぁ~。

とか。
あとは、悔恨の日々であります、、、。

| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

「枝豆」の季節

Pict0977_2

「枝豆」
先週、遂に「初荷」=「入荷」
でした~

そもそもは、
新潟市内の実家(&町内)に、近郊の農家のNさんが「朝もぎ&朝売り」で廻ってこられることから始まりました。
その「朝売り」を、実家の母が即「クール宅急便」で、送ってくれています。
なので、ほぼ「農家 to エフ」なんです。

「有機栽培(無農薬)」で、丹念に土から作ってらっしゃるNさんです。
当然「味は濃い」です☆
それは、食していただければ判ります。

今は「天が峯」(てんがみね)と言う「品種」です。

「茶豆」が有名ですが、他の「品種」も、様々な「顔」を持っています。
最後は(11月前後まで!)「丹波の黒豆」で終わるのですが、
それぞれに「今を生き」ていて、楽しめますよ

以上、「新潟枝豆推進委員会」大泉支部より。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »