« 6月のスケジュール | トップページ | 雲取山~2 »

2009年5月 6日 (水)

雲取山~石尾根1(2009年5月4、5日)

_edited この度、「雲取~」へ行くに当たって、いつものように、ガイドブックを紐解いて、にわか勉強。
そこで、改めて、と言うべき、目から鱗な記述があって「ガッテン!」

「三峰山(神社)~
三峰山とは、妙法ヶ岳、白岩山、雲取山、の総称で、室町時代から、本家の那智熊野になぞらえた修剣道の行場とされた。そして、雲取山は、三峰神社の奥の院であった。」
という事で、ここでも「登り口」には「鳥居」があるわけだ。
「山」は、概ね「山岳信仰」(「神」)と結びついていること(場)が多く、「山」に入ると「何か」を感じる、あるいは単純に「気持が良い」のは、単に「空気がきれい」「樹木の出す物質」のせい、と言うだけでなく、「何か」があるのかも、、、。

6時起床。
7時15分。「石神井公園」で、池袋から乗った「隊員2名」と合流(総勢4名)
終点の「西武秩父」下車。
タクシーにて、「三峰神社・バス停」から、ちょっと入った所まで行く。

そして、写真の「奥之宮」のプレートが掲げてある、「登山道入り口」に至り、鳥居脇のポストに「登山届け」を出し、いよいよと言うか、とうとう「山の人」である。
10時20分。

事前に読んだのは『埼玉県の山』だったのだが、帰って『東京都の山』の「雲取山」の項を見たら、この行程は「最も古くて長い上級者コース」とあった。
ひょえ~。
「隊長」を除く「3名」は「初心者」で、もっと言えば、そのうち「1人」は、「初山」(先日「山用具」を買ったばかり)なのだった。
大丈夫か!?この「部隊」、、、。

|

« 6月のスケジュール | トップページ | 雲取山~2 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月のスケジュール | トップページ | 雲取山~2 »