« エフおさめ2008 | トップページ | 一噌幸弘 »

2009年1月 4日 (日)

読んだ本2009

1月
『響きあう脳と身体』甲野善紀×茂木健一郎(081218)
『長谷川町子思い出記念館』長谷川町子(01☆0917)

2月
『図像探偵~眼で解く推理博覧会』荒俣宏(98☆☆0124)
『チェ・ゲバラ~愛しい男(ひと)』(090201)
『ゲバラ最期の時』戸井十月(090201)

3月
『武満徹 対談選~仕事の夢 夢の仕事』小沼純一編(080512)

4月
『元気が出るゲバラ語録』知的好奇心研究会編(090415)

5月
『チェ・ゲバラの遥かな旅』戸井十月(090424)
『先を読む頭脳』羽生善治。伊藤毅志。松原仁(090424)
『音楽を「考える」』茂木健一郎。江村哲二(090226)
『ハプスブルク夜話~古き良きウィーン』ゲオルク・マルクス。江村洋・訳(02☆)
『江戸バレ句 恋の色直し』渡辺信一郎(02☆0517)
『いのち、生ききる』日野原重明。瀬戸内寂聴(090201)
『あふれる新語~みんなで国語辞典②』北原保雄・編(090520)

6月
『大杉榮語録』鎌田慧・編(01☆)
『明治奇聞』宮武外骨(97☆☆0207)

7月
『ありがとう笑名人』高田文夫。笑芸人編(03☆0614)
『娯楽の江戸 江戸の食生活』三田村鳶魚。朝倉治彦・編(97☆☆0207)
『日本語よ どこへ行く~講演とシンポジウム』井上ひさし。俵万智。他(090728)

8月
『日本語観察ノート』井上ひさし(090725)
『江戸言葉・東京言葉辞典』松村明(94☆☆☆0930)
『花は志ん朝』大友浩(090201)

9月
『傷はぜったい消毒するな~生態系としての皮膚の科学』夏井睦(090821)
『ハチはなぜ大量死したのか』ローワン・ジェイコブセン。訳・中里京子(090914)
『思考は現実化する』ナポレオン・ヒル。訳・田中孝顕(07)
『鳥の脳力を探る』細川博昭(09)

10月
『よってたかって古今亭志ん朝』志ん朝一門(060315)
『まわりまわって古今亭志ん朝』志ん朝の仲間たち(070709)
『志ん朝の高座』写真・横井洋司。京須偕充(05)
『ベートーヴェンの生涯』ロマン・ロラン。訳・片山敏彦(92☆☆☆)
『聖書』監修・船本弘毅(09)
『表の体育 裏の体育』甲野善紀(090319)
『志ん生、語る』編・岡本和明(070607)
『現代用語辞典 ブリタモリ』編纂委員会・赤塚不二夫。加藤芳一。タモリ。長谷邦夫。

11月
『意味がなければスイングはない』村上春樹(090821)
『古事記と日本書紀』監修・坂本勝(091025)

12月
『マンガの描き方』手塚治虫(091127)

※以上「37冊」

|

« エフおさめ2008 | トップページ | 一噌幸弘 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エフおさめ2008 | トップページ | 一噌幸弘 »