« 「シュニトケ・穴熊戦法」とは、、、 | トップページ | サーヤをミッチーが聴きに来た日 »

2008年11月25日 (火)

『夜霧よ今夜も有難う』

11月3日

『カサブランカ』だった電球
(結構なパクり、、、。ま、それもよしでっしょ)

「インドネシア解放闘争」を背景にして。
だが、画面にチラッと出た「国旗」は、ほぼ「フィリピン」してたぞ(^_^;)
いいのかexclamation & question

印象に残ったセリフ。
(刑事)
「センチな正義感、云々」
※「死語」としての「センチな」に電球
「ボクたちは、ガサらせてもらう」
※「ガサ」る。「動詞」になっています。

(主人公=石原裕次郎)
「僕たちは、1500回の夜と昼を取り戻した」
※「君の瞳に乾杯」的な「キメぴかぴか(新しい)セリフ」ですな。

(1967年作品)

裕次郎
この時点で、既に「西部警察」してきてますね。

高品格
20年後と同じくらい、、、な「いい味」&「風格」です。

|

« 「シュニトケ・穴熊戦法」とは、、、 | トップページ | サーヤをミッチーが聴きに来た日 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「シュニトケ・穴熊戦法」とは、、、 | トップページ | サーヤをミッチーが聴きに来た日 »