« サーヤをミッチーが聴きに来た日 | トップページ | 『黒田京子トリオ』~「レコ発」と「ネット配信・収録」 »

2008年11月25日 (火)

「ロシア」は「ドイツ」か「フランス」か

これは「コントラバス」の「弓の持ち方」のことです。
紛らわしくてすんません(^_^;)

(これも、本日「ネタ」なのですが)
『サンクトペテルブルク・フィル』の弦バス奏者は「ドイツ(式)」でした。

では「アメリカ」は「何式」でしょうか?
楽団によってバラツキがあるかと思いますが、
ついこの前聴いた『フィラデルフィア管』は「フランス(式)」(フレンチ)でした。
「アメリカ」=「フランス」と言うイメージがありますね。
(違ってたらコメントよろしくです)

最後に、わが「日本」は「何式」でしょうか?
「ドイツ」が主流でしたが、このところ「フレンチ」もちらほら。
今後どうなっていくのでしょうか、、、。

(日本の)「ジャズ屋」は、今のところ「ドイツ」が優勢かな?

ちなみに「タンゴ界」の田邊和弘さんは「両刀使い」でした。
(両方ともすんごく巧かったです☆)

以上「弓をめぐるつぶやき」でしたm(__)m

|

« サーヤをミッチーが聴きに来た日 | トップページ | 『黒田京子トリオ』~「レコ発」と「ネット配信・収録」 »

日常・2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サーヤをミッチーが聴きに来た日 | トップページ | 『黒田京子トリオ』~「レコ発」と「ネット配信・収録」 »