« 「富士山」狂奏曲 | トップページ | 短歌絶叫 »

2008年9月 2日 (火)

「富士山」のその後~まだまだ「山系」

8月22日
全身の筋肉ダメージや如何に!?
「モモ前」がちょっと痛いくらいで、他は意外とたいしたこと無し。
(数日後もほぼ同じ感じでしたよ手(チョキ))

両替に「M銀行」へ行き、帰りに逆サイドのドアから出ようとすると、、、
なんと、高校の友人(割合近所在住なのだが)とバッタリ衝撃
「店」(お互いの)「自宅」以外で会ったのは初めてだった。
いや~ビックリ。
「昨日富士山に登った」と言うと、彼、目まんまるでビックリしていた。
暫し、立ち話。
「オレ、ちょっと前『山岳部』の顧問だったよ」
(「山系」約一名)

そんなことを話している時に、図ったように、目の前を知人が通り過ぎる。
この人は、本格的な「山登り人間」
(「山系」約二名)
後で聞くと、彼は、この日休暇を取って「山」に行くつもりだったが、「天候不順」のため断念したとのこと。
なので、平日にも関わらず、ぶらぶらしていたのでした。

(本日のライヴ~榊原大(p)竹本一匹(per))
そして、店に入り、ふと、本日配ると言う「パンフ」を見ると、
『みんなの山登り♪2008年☆富士山のしおり』(竹本一匹)
なんと~!
ここにも「富士山人間」が富士山
(「山系」約三名)
一匹さんは「富士山フリーク」で、ここ7・8年、毎年「富士山」に登っている、正に「猛者」☆
そして、他の山は、一切登らないとのこと。
「富士山一点突破主義」な男なのである。

ちなみに、
「富士山」

「fuji山」ですね。
「F山」
そう、ここにもまた
「F」が電球
ご縁があったわけです。
ちゃんちゃんm(__)m

|

« 「富士山」狂奏曲 | トップページ | 短歌絶叫 »

」カテゴリの記事

店・2008年」カテゴリの記事

日常・2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「富士山」狂奏曲 | トップページ | 短歌絶叫 »