« 「いちばんジャズだったマキ」の巻 | トップページ | 『太黒山』(おおくろやま)秋場所興行 »

2008年9月22日 (月)

めばちライヴ

9月1日
音川英二(ss、ts)
鶴谷智生(ds、vo)
岡田治郎(b)
菰口雄矢(g)

音川さんと鶴谷さんは、実は「新潟市民」なのです。
なので、私も含めて「新潟シンジケート」なのであります。
本日は、そんなこともあり、音川&鶴谷両氏に振ったわけですが、
(「双頭セッション」って感じです)
ピックアップしてくれたメンツは、
両者、当店初登場のお二人でした。
治郎さんは、某変態(すみません。いい意味です)バンドで、音川さんと組んでいる、達人中の達人!
(やっぱ、凄かった☆です)
で、治郎さん繋がりで、正真正銘「弱冠はたち」の若きギタリスト、菰口さんが参戦。
いや~改めて「そう言う時代」になってきた、と言うことでね。
でも「テクニック的」には、もう既に、物凄いところまで、いっちゃってますimpact
これまた凄いです☆

と言うことで「目が点」と言うより、
「目開きっぱなし」の「めばちライヴ」でありました。

0808290901_016

|

« 「いちばんジャズだったマキ」の巻 | トップページ | 『太黒山』(おおくろやま)秋場所興行 »

店・2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「いちばんジャズだったマキ」の巻 | トップページ | 『太黒山』(おおくろやま)秋場所興行 »