« 「フィガロまじやばくねぇ」の衝(笑)撃 | トップページ | 『限りなき探求』 »

2008年5月11日 (日)

当世字幕事情~『フィガロ』をめぐって

本来なら、もっと書かねばのムスム満載だった『フィガロ』なのですが、
しかし「その衝(笑)撃」は書かずにはいられないのであります。

先日の、プラハ・オペラ公演『フィガロ』(@武蔵野文化会館)の字幕、
「ケルビーのはへこんでいます」(スザンナ)
の「新手」には爆笑衝撃でしたが、、、。

今回の『フィガロ』も「見」処満載な字幕で、大いに楽しませてもらいました。
「ピリ辛奥様」
「ガールハントに飽きた(伯爵)」
「超当たり!」
(他にも色々ありましたが、、、)

そして、本日の「字幕コンテスト・輝けベスト1富士山」は、なんと言っても、
第四幕の冒頭、暗がりの中、何やら曰くありげに服を直しながら(!)登場したバルバリーナが歌うカヴァティーナ。
(これが、また、悲しそうに歌うんです、、、)
そこでは「こう」来ました。
「××喪失」
正に、衝(笑)撃の一打でございました。
この、字幕だけ、前後の脈絡無く(あるいは、この話を知らずに。例えば、週刊誌の中刷り広告とか)単独で掲げられると、ちょっと揺れるハートですよね。
(って、私だけ!?)

これからのオペラ、「字幕」から、ますます目が離せないexclamation & question

|

« 「フィガロまじやばくねぇ」の衝(笑)撃 | トップページ | 『限りなき探求』 »

コンサート&ライヴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「フィガロまじやばくねぇ」の衝(笑)撃 | トップページ | 『限りなき探求』 »