« 2月のスケジュール | トップページ | 「宇宙的」燃焼! »

2008年2月12日 (火)

判っていても、、、

2月1日
〆治独演会

『看板のピン』
「繰り返し」の可笑しさ。
(くまさん(八っつぁん)が、(例えば)横丁のご隠居さんから「ありがたいこと」を教えられて、そのまま「うろ覚え」でやって、どじってしまう)
『子ほめ』『ときそば』のパターン。
その中でも、この噺、一番好きかも。
判ってても、声を上げて笑ってしまうのであった。

『藪入り』
「(庶民の)親子の情」が基底になっている噺。
一応、最後は「オチ」で終わるので「人情噺」ではないのだが。
この噺も、「知ってても」涙を誘われてしまうのだ。
タオルを動員して涙を、、、
そして、ティッシュで洟も何回もかんだ、、、。

|

« 2月のスケジュール | トップページ | 「宇宙的」燃焼! »

店・2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2月のスケジュール | トップページ | 「宇宙的」燃焼! »