« 園児&アダルト | トップページ | 練馬「37・9度」☆ »

2007年8月18日 (土)

半日呑んでいた~帰省の巻

16日

ちょっと早起きして、
9時半頃の新幹線で一路新潟へ。

動き始めて、先ずは「儀式のプシュビール」を。
一人乾杯の後、『世の中ついでに生きてたい』(志ん朝対談集)
をくくりつつ。
(結局、ちょうど読了)

新潟も東京と同じくらい暑い。

両親と、駅ビルの某居酒屋で食事。
二人とも「大正」の生まれで、80を越えているのだが、
とりあえずは「元気」でいてくれるのは、最高の「子孝行」と感謝。

途中、高校時代の友人二人が「合流」
そのまま「居続け」で、杯を重ねる。

Sは、昨年から、某所に「単身赴任」の身。
今年の春に「腸閉塞」をやり、緊急手術~入院。
おかみさん「緊急出動」

Yは、原因不明から来る、頚椎の「ズレ」から、数年にわたり、二回の手術。結局、「完治」せず、、、先頃「自主退社」に至る。

ま、人生50数年を重ねてくると、色々なことがあるもので、、、
こうして杯を組み交わすというのは、本当に「ありがたい」ことだと思う。
実際、ジャズ研の後輩(年は同じだが)は、数年前「あちら」に旅立って行った、、、。

夜も更けてきたので、『ジョイアミーア』というライヴレストランにしょばを変え、
『大橋諭&ニューオリンズNYコネクション』を聴く。
大橋さんは、最近「ネット某所」で知り合った方で(同じ大学の同じ学科!というのも何かの「ご縁」)
ようやく「初めまして」のご挨拶を交わす。
サトルさんのラッパ、力強く、暖かく、しなやかで、それは堂々としたものだった。
(まだ若いのに!)
共演者は、向うのバリバリの「現役」で(マルサリス・バンドのメンツが居たり)、これまた素晴らしいプレーを披露してくれた。
満ち足りた「濃~い」時間であった。

その後、クールダウン(?)のため、蕎麦屋でまた一杯。
とにかく、我々は倒れるまで呑み続けるのである。
最後は、何をどうしゃべったのか、、、。

翌日、新潟は、ちょっと「おしめり」があったようで、涼しくなっていた。
昼頃、また「東京の人」になる。
相変わらず、こちらは暑い☆

|

« 園児&アダルト | トップページ | 練馬「37・9度」☆ »

日常・2007年」カテゴリの記事

コメント

お久しぶり(^^; 最近やっと携帯買いました。3月末心筋梗塞で倒れ5月手術…もう少しであの世行き!! いずれ店に顔を出します。柏崎の本家は被害ほとんどなしでした。

投稿: 原田 博史 | 2007年8月19日 (日) 02時41分

原田さん、ご無沙汰しております。
「手術」でしたか、、、。
人生、ほんとに色々ありますね。

「再会」楽しみにしております。

猛暑の日々、くれぐれもご自愛下さい。

投稿: インエフ | 2007年8月19日 (日) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 園児&アダルト | トップページ | 練馬「37・9度」☆ »