« 22日 大泉路上温度事情 | トップページ | 誕生日☆ »

2007年8月27日 (月)

富樫雅彦さんとともに、、、

22日、富樫さんが逝去された。
命の炎が、次第に弱まっていっていたことは、複数の方から聞いていたので、その「事実」を前にして、正直言って「ショック」は無かった。
静かに受け入れたと言っていいだろう。
「ああ、来るべき時が来たか、、、」

黒田京子(p)
太田惠資(vn)
翠川敬基(vc)

本日は、前半、たまたま(?黒田さん意図的に?)大作曲家からのインスピレーションというか、パラフレーズというか、
「ラフマニノフ」「ヒンデミット」「チャイコフスキー」を踏まえて作曲された曲が並ぶ。
(他に、黒田さんが翠川さんに「捧げた」曲の「初演」あり)

加えて、『ヒンデ~』で、太田さん「ショスタコ(交響曲第五番の冒頭)」の引用をなにげに(?意図的に?)持って来るし(^_^;)
(すわ!これは、何かの「予告編」か、、、)

2ndは、富樫さんの『ヴァレンシア』から。
翠川さんの、尋常ならざる、到底「表記」仕切れない、「彼方からのピアニッシモ」とでも言うべき、超弱音から始り、、、
そして「テーマ」に。
この「テーマ」で、今まで(無意識のうちに)押さえていたものが、一挙に溢れて来て(『WAVE』!)、、、改めて(富樫さんのその)「欠落感」~「ああ、本当に居ないんだなぁ」という寂寥感に打たれて、思いがけなく「涙」、、、。

続いて、富樫さんの曲『イッツ・チューン』

そして、黒田さんが、富樫さんに捧ぐ、ということで(本日、急遽曲名変更)『ゼフィリス』

最後に『ワルツ・ステップ』が、祈りの如く演奏される。

店主特権で、敢て、この「余韻」で演奏を終わらせてもらった。
続いて、富樫さんと『in F』(ご出演)の事を一言二言、と思ったのだが、、、 思いもかけない「絶句」が襲って、不覚にも、皆様に失礼してしまった。

本日、図らずも、この「トリオ」の「ニュー・ステップ」の日にもなったのだった。
少年そのままのように微笑む富樫さんの写真とともに。
(いらしていたのかな、、、)

改めて、富樫さんのご冥福をお祈りいたします。

|

« 22日 大泉路上温度事情 | トップページ | 誕生日☆ »

店・2007年」カテゴリの記事

コメント

草月会館や増上寺でシンジケートのメンバーと演奏していたのを、音の世界(環境?)として記憶しています。殿山泰司さんがあの世で出迎えてくれたことでしょう。音源が有るのかどうか、分かりませんがスティーヴ・レイシーとのデュオも脳裏に焼き付いています。願わくばあの世で、手足を自由に使って新しいdsスタイルを生み出して欲しい…御冥福をお祈りします。

投稿: 原田博史 | 2007年8月30日 (木) 07時53分

原田さん、投稿、ありがとうございます。

「草月」(富樫&シンジケート、で参加)
「増上寺」(富樫5、で参加)

原田さんには、ご参戦いただきましたね。

「増上寺」には、殿山さんがいらしてました。
(楽屋に、差し入れ・ウィスキー持参で)

あの世では、「先輩」として迎えてくれたでしょうね。

「ほんとのフリーの人」が、またいなくなりました、、、。

投稿: インエフ | 2007年8月31日 (金) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 22日 大泉路上温度事情 | トップページ | 誕生日☆ »