« 縁(えにし) | トップページ | ミュージシャンも「出会う」(同窓生!)のだ »

2007年8月 8日 (水)

これぞ「驚愕の対バン」(ありえたか!?)

19日

『Pot Heads』
佐藤芳明(acc)
鳥越啓介(b)
田中栄二(ds)
(ゲスト)林正樹(p)

『スフォッフォ』
林正樹(p、g、vo、シンセtp)
鳥越啓介(b、vo)
田中栄二(ds、vo)
(ゲスト)佐藤芳明(acc、g、シンセtp)

夢の対バン、第一弾『アラビンディアvsMASARA』
に引き続き、第二弾、本日炸裂☆

それにしても、「12周年」ということで、連日の「超スペシャル・ライヴ」に、自分で組んだこととは言え、連日の「濃さ」に、もう息も絶え絶えである(^_^;)
ありがたくも、贅沢なことなのではあるが、、、。

当店で「出会った」ミュージシャンは多々あれど、
当店で立ち上がった「バンド(ユニット)」となると、そんなにはない。
例えば『黒田京子トリオ』があるが、その他に、現役バリバリのユニットと言うと、本日のこの2バンドが来るだろう。

「共に同店で産声を上げたトリオ」(佐藤芳明さんサイト・スケジュール・コメント、より)

厳密に言うと『Pot Heads』は、他店が「初演」(鳥越さん「仕切り」)なのだが、「単発」に終わっている。
それを、佐藤芳明さん「仕切り(アタマ。リーダー)」で、「バンド」として、継続して演ってもらった(今もだが)のは、当店である。
(ちなみに、最初は『佐藤芳明トリオ』だった。
後に、鬼怒無月さんに「命名」をお願いし、『Pot Heads』をいただき、今日に至る)

『スフォッフォ』は、当店が「初演の地」であり、今も、継続的に演ってもらっている。
「バンド名」は、ライヴのMC時、田中栄二さんが突発的に発した「(バンド名は)スフォッフォ!」に由っている。
(なので、深い意味はない!?、、、ん、あるのか)

◎1st.(『Pot Heads』&林)
1曲目から、芳明さん『ハッピー・バースディ』の引用フレーズで盛り上がってくれるし(ありがたや☆)

2曲目から、林さん、加わる。
紹介では「芳明さんのボーヤ」と呼ばれていた(^_^;)
(後で、「結構弾くね~」「がんばってね!」「あとで、連絡先教えて」などとも、、、)

ともあれ(この4人!)この瞬間を待っていたのだ。
「夢が叶った」瞬間。
その立ち上がった「サウンド」たるや、キラキラ輝いて凄い!
一瞬鳥肌が立った。

この曲で、林さんも『ハッピー・バースディ』フレーズを差込。
違う局面では、何故か、芳明さん『オール・ブルース』(テーマ)フレーズを展開。
それに触発されてか(?)鳥越さん『オール・ブルース』(ベース・パターン)状態になったり、、、。
全く~、、、静かに遊びまくる面々なのであった。

◎2nd.(『スフォッフォ』&佐藤)
このセットも、始めは「バンド」(3人)のみで演って、2曲目から「ゲスト」が入る形。
4曲目の「デス・メタル」では、ツイン・ギターが遂に炸裂。
その筋の「半音下げチューニング」、、、ベースも!
そして、次の曲の、林さんと芳明さんの「持ち替え(楽器)」は、なんと、潜ませておいた「シンセ(?)トランペット」が爆(笑)裂☆
マイルスか『チェイス』かと言う(?)なんちゃって咆哮☆な一幕もあり、しばし笑いを取っていた。

(ダブル?)「アンコール」、(スタンダードブック)「その場でページ指定」(その曲を演る)に私が指名された。
では「12周年」ということで「12ページ」と安易な「指定」
で、当たったのが『オール・シングズ・ユー・アー』
「お祝い的に」(芳明)と言う趣向で、途中『チャンチキ的』というか、和テイスト(フレーズ。リズム)な「お祭りソング」にもって行ったのには(行くかよ!)流石と言うか、、、。
笑い過ぎだよ~(^_^)

かくして「祭り」は終わった。
お疲れ様でした~。

|

« 縁(えにし) | トップページ | ミュージシャンも「出会う」(同窓生!)のだ »

店・2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 縁(えにし) | トップページ | ミュージシャンも「出会う」(同窓生!)のだ »