« 『酒の会』 | トップページ | 若きヴァイオリニストの「肖像」 »

2007年6月14日 (木)

『谷川賢作やりたい放題』

23日
(遂に「ユニット(?)名」に!)
谷川賢作(p、ピアニカ、vo、cond)
太田惠資(vn、vo)
佐藤芳明(acc、p、vo)
(クール要員)
佐藤浩秋(b)

「映画音楽」「番組付随音楽」「校歌」「クール」
などなど。
盛り沢山の「谷川賢作ワールド」本日も全開の嵐☆

これから「ユニット的」に行くぞ!
と、次なる皆さんのスケジュールを照らし合わせると、
なんとなんと、10月以降になってしまうことが判明。
発足したとたん、これだもん(^_^;)
中々上手くいかない(気の合わない)「やりたい放題」なのでした、、、。
次なる展開や如何に?

アフター・アワーズに、『Jじゃ』のMさんが「営業」(チラシ置き)でご来店。
そのまま、ちょっとしたお茶のみ話が、段々エスカレートしていき、、、
気が付いたら、ジェフ・ベック、や、パープル、果ては、弘田三枝子が炸裂しているという、、、。
それにしても、Mさんの「博識」は「底なし沼」の如しである。
一同唖然としつつ、しかし、Mさんに煽られ、次第に熱くなって行った、70年代テイスト爆裂な「深夜の酒宴」は延々と、、、。

|

« 『酒の会』 | トップページ | 若きヴァイオリニストの「肖像」 »

店・2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『酒の会』 | トップページ | 若きヴァイオリニストの「肖像」 »