« 結局は持っていく、、、 | トップページ | セッションはお蔭様で盛況☆ »

2007年6月15日 (金)

修行時代は?

8日
赤迫翔太(ds)
木村将之(b)
伊賀拓郎(p)
白須今(vn)

彼らの演る(ジャズ系)「スタンダード」は、なんだか新鮮に響く。

私(達)の時代は、入ったばっかのC年は、来る日も来る日も、
『Fのブルース』(私(達)は、『バグス・グルーヴ』だった)と
『枯葉』
の日々だったが、、、
今の人達は、如何に?

「修行時代」(ちょっと大げさか)の「今昔」を想う。
我々の、ちょっと先輩は、(最初で最後の)『コルトレーン・イン・ジャパン』を実際「体験」していて、そのエピソードも聞いたものだ。
(始って、ちょっとすると、結構な人が帰って行った、、、。とか)
『マイルス・イン・トーキョー』(1964年)に行った人も。

ちなみに、私の中の『マイルス・イン・トーキョー』の「初体験」は、1973年。
デイヴ・リーブマン(ss)
ピート・コージー(g)
レジー・ルーカス(g)
マイケル・ヘンダーソン(b)
アル・フォスターのドラムス(ds)
ムトゥーメ(per)

マイルスは勿論だったが、
ピート・コージーの「変態うねうねアドリブ」には「脳がウニ」的に痺れたm(__)m

当時の「貧乏学生」
大枚叩いて、二回も行ったのだ☆

なんだか、「マイルスと私」になってしまったが、、、。
その後、1981年の「復活」@新宿西口広場。
これも二回行った。
とにかく、マイク・スターンにはぶっ飛び!
対照的に、静かなるマーカス・ミラー。

そして、私にとっての「最後のマイルス」が、1985年。
@中野サンプラザ。
マイク・スターンとジョンスコの「ツイン・ギター」には脳が沸騰!
そして、マイルスはと言えば、意外なエンターテインメント振りが印象に残った。
客席に降りて来て、練り歩き&手振りパフォーマンス、あり。

と、書いてくると、マイルス・バンドのギターに、いつもやられているようですなむかっ(怒り)

で、最後の来日、○ルース・アレイ・ジャパンには、、、
ウーム、あの「大枚」は出なかったな~。

|

« 結局は持っていく、、、 | トップページ | セッションはお蔭様で盛況☆ »

店・2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 結局は持っていく、、、 | トップページ | セッションはお蔭様で盛況☆ »