« 「セッション」としての「クラシック」 | トップページ | 世界の音だ~! »

2007年3月31日 (土)

厳しい中にも「TAKE・2」

27日
鬼怒無月(g)
大坪寛彦(b)
吉見征樹(tabla)

ありそうでなかった「三者初演」

全く「初めまして」という「共演」と、
顔見知りなのだが、意外と、ちゃんと演るのは「お初」という、
二つのパターンの「初演」があるのだが、
本日の、大坪・吉見「共演」は、後者。
「や~や~や~!この前は、、、」と言う感じ。

「凝ると、同じ曲ばっかりやる傾向があって、、、」
という「自選解説」MCに引き続き、
『Loro』からスタート。

途中、「take1」(?)が気に入らないということで、
「take2」(?)も立て続けに演奏されるなど、
厳しい中にも、「未発表別テイク・リアルタイム初出」的な(^_^;)1曲もありいの。

全体的に『ニュー・スタンダード』という選曲だったか。
(でも「カントリー・フュージョン」(?)もあったな、、、)

|

« 「セッション」としての「クラシック」 | トップページ | 世界の音だ~! »

店・2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「セッション」としての「クラシック」 | トップページ | 世界の音だ~! »