« パンドラの箱☆ | トップページ | 某「指導者講習会」に参加 »

2007年3月31日 (土)

「乱入」の嵐

24日
『黒田京子トリオ』
黒田京子(p)
太田惠資(vn)
翠川敬基(vc)
(予告乱入)
仙波清彦(per)
高橋香織(vn)
(居残り・志願の乱入)
喜多直毅(vn)
(呼び出しくらい・後の祭り的乱入)
一噌幸弘(能管、笛)

それにしても!である。
本日いらっしゃったお客さん、超贅沢、ありえね~「4部構成!?」に、満腹以上のもの、あったでしょう(ドンドン!)
チャージ、倍でもおかしくない、、、でしたよね。

1部は、トリオ。

2部に、アタマから、仙波さん、香織さん、喜多さんが、いきなり加わって、おっと~これは「トリプル・ヴァイオリン」じゃないか!
(「裏ヴァイオリン・サミット~第三部隊」とも)
とりようによっては、(変格)「弦カル」だよ。
ウーム、、、なんだか凄いことになってしまったのであった。

そこに、仙波師匠のパーカスが文字通り(後ろに)控えていると言う、、、。
パフォーマンスによっては、ステージ前面に出てきていたが(誰も頼まないのに)
結局「パフォーマンス」と言う意味では、仙波師匠が一番「さらっていって」たかも(^_^;)

それにしても、ヴァイオリン同士の愉悦と納得の表情には、こちらも自然とうっとりして来ると言うもんだ。
「ヴァイオリンの倍音って、三人からが、ほんとにちゃんと鳴ってくるんだよね」
との喜多さんの言葉通り、
三人がユニゾン弾いているだけで、単純に「ここちよか~(とろん)」なのである。

終演後、正に「遅れて来た青年(?)」
「笛古今東西&B→C」一噌幸弘師匠もご乱入。
しかし、時既に遅し、、、。

と思いきや、、、
実は、しっかり「仕込み」をバッグ一杯携えて乗り込んできた一噌さん、おもむろに、バンマスとして「第三部」を仕切りだす。
結局、「一噌幸弘大バロック大会」が炸裂したのであった。

休憩を挟んで「第四部」も引き続き行われた模様、、、。
もう、ついていけませ~ん。
だれか止めてくれ~!
な25日未明大泉学園の夜は更け行く、っていうか、明け行くですねm(__)m

|

« パンドラの箱☆ | トップページ | 某「指導者講習会」に参加 »

店・2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンドラの箱☆ | トップページ | 某「指導者講習会」に参加 »