« なんでもあり「目が離せない」即興 | トップページ | 人は何故哀しい歌を、、、 »

2007年3月19日 (月)

フルートなのに「縦笛」!?

15日
天田透(バスfl、コントラバスfl)
今堀恒雄(g)
小高正志(b)

ドイツ在住「お帰りなさい」天田セッション。

本日の趣向は、天田さん、盟友の小高さんにご紹介するべく、今堀さんをお招きしての「トリオ」

先ずは、目を惹くのが、当店初登場「コントラバス・フルート」
全長2メートルはあろうかという、その「見てくれ」が先ずどぎもを抜く。
ほぼ「オブジェ」である。
なので、指穴は縦に付いていて、これは、果たして「横笛」なのか「縦笛」なのか、という(^_^;)

本日の「趣向」は、メトロノームの「参加」
(それも、ねじ巻き式の、旧式なヤツ)
そのカウントに合わせて、ブルースがうねうねと、、、。
ねじが切れると、当然ながら止まるのだが。
その「落差」が、なかなかスリリングで、新鮮。
「ゲストです」と天田さんは言っていた。

バスフルートが「子供」のように見えた夜。

今堀さんの「凄さ」を再認識した夜でもあった。
「ひらめいた☆組み合わせ」2件あり。

|

« なんでもあり「目が離せない」即興 | トップページ | 人は何故哀しい歌を、、、 »

店・2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんでもあり「目が離せない」即興 | トップページ | 人は何故哀しい歌を、、、 »