« 知らないところに知らない凄い人が、、、 | トップページ | 最初にして最後のメドレー »

2007年3月 9日 (金)

「居たもの勝ち!」なのさ

6日
『蛇腹対決』
啼鵬(Bandoneon、toy acc、p)
佐藤芳明(acc、toy acc)
一本茂樹(b)
ゲスト・北村聡(bandoneon)

昨年の第1回目から、早9ヶ月。
またしても、啼鵬さんの招集により、この三者が結集。
芳明さん曰く「学閥対決」(G大vsK大)
で、「1-2」という布陣により、「アウェイの戦い」なのだそうです。

途中、なんと、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの(って、古い喩か)、
小松亮太バンド、あるいは、菊地成孔バンド(『ペペ~』)でもしっかりレギュラーとして活躍中の、バンドネオンの北村聡さんが、お忍び風にご来店。

しかし結局、最後には捕まり(拉致に近い?)「乱入」(させられ)
アンコールで用意されていた『リーベル・タンゴ』(ピアソラのライヴMCでの発音)で、急遽、啼鵬さんのバンドネオンで演奏。
啼鵬さんは、自然にピアノに向かう。
それにしても、この演奏が凄かった☆
歌い回しが、なんとも、伸縮自在というか、オリジナルな「北村の歌」になっているのだ。
この一曲を聴いただけでも、本日の「元はとれた」というものである。
(って、せこい、、、)

だから「現場」には、居なきゃだめなのよ。
「居たもん勝ち」「行ったもん勝ち」なのだ!
ね(^_^)

|

« 知らないところに知らない凄い人が、、、 | トップページ | 最初にして最後のメドレー »

店・2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 知らないところに知らない凄い人が、、、 | トップページ | 最初にして最後のメドレー »