« ショパンからビートルズまで | トップページ | 世界の「音」がここに »

2007年3月19日 (月)

遊びを遊ぶ

12日
新澤健一郎(p、key)
林正樹(p、key)

(音の)「遊びを遊ぶ」とは、この境地のことを言うのか。
と、しみじみ感じさせられた一夜。

アンコールを用意してなかったお二人、
それでは、と言うことで、小考の後、
ピアノの裏にある、本棚から、
『スタンダード・ブック』(業界用語で「せんいち」)を取り出し、
パラパラっとページをめくり、そこに、お客さんに指をはさんでもらうという、お客さん参加型but安易な選曲で対応。
出たのは『カム・レイン・オア・カム・シャイン』
お二人とも「この曲苦手なんだよね」といいつつ、そこは達人の連弾。
そのテーマの原型わっかりませ~ん的「エヴァンス(またはマイルス)奏法」で疾走。

終わっても、二人の熱気冷めやらずで、なんとなく「もう1曲やろっか」という流れになり、「(自主的)ダブル・アンコール」
また「せんいち」をぱらぱらやると、今度は『ララバイ・オブ・バードランド』が。
これまた、びみょ~な曲。
ややあって、新澤さん「ラテン調」な刻みを中低域(左半分)で始める、、、。
これありか~的はっちゃけモードでがしがし引き倒す二人。
(普通、心地よいミディアム(・スロー)くらいで演るんですけど、、、)
もう口あんぐりで~す。
誰か止めてくれ~☆的な。
、、、一応止まりました。
流石に「第三部」までは、正気に戻っていきませんでしたが、危ないところだった、、、(^_^;)

ということで、本日も「いたもん勝ち」な夜だった。

|

« ショパンからビートルズまで | トップページ | 世界の「音」がここに »

店・2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ショパンからビートルズまで | トップページ | 世界の「音」がここに »